日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大改革に失敗していたレコ大

大改革に失敗していたレコ大 音楽祭方式目指すも…芸能界の実力者から反発

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

大改革に失敗していたレコ大 音楽祭方式目指すも…芸能界の実力者から反発の画像1
今年大ヒットした数少ない曲?(瑛人ウェブサイトより)

 12月30日にTBS系で生中継される『第62回日本レコード大賞』(日本作曲家協会主催)の各賞が先ごろ、発表された。今年の社会現象となったアニメ『鬼滅の刃』は、「特別賞」に加え、LiSAが歌う主題歌「炎」が大賞候補の「優秀作品賞」に選ばれた。

 ほかの優秀作品賞には動画サイトから大ブレイクした瑛人の「香水」、おみそかの紅白を落選したAKB48の「離れていても」、氷川きよしの「母」など10曲が選ばれた。

「今年はどう考えても『炎』と『香水』の一騎打ちだろう。レコ大といえば、以前からデキレース体質はもはや周知の事実。大賞候補の作品にはレコ大を牛耳る芸能界の実力者の意向が反映されていることは有名な話だが、今年だとDA PUMPの『Fantasista~ファンタジスタ~』と三浦大知の『I’m Here』はそれほど売れているわけでもなく、明らかに“芸能界の実力者”の枠で入った」(レコード会社関係者)

 今年も例年通りの方式で行われることになったレコ大だが、実は、水面下では大改革案が浮上し、動きだしていたというのだ。

「視聴率のことなどを考え、これまでの選考方式から、『FNS歌謡祭』のように大勢の歌手を出演させてパフォーマンスを披露する音楽祭方式にチェンジしようとしていた。今年はリニューアルする目玉として、年内いっぱいで活動休止する嵐と交渉するなど、実際、TBSの制作サイドが水面下で動いていた。ところが、その動きが芸能界の実力者にバレて、大目玉をくらってしまい、従来の方式のままでいくことになった。おそらく、来年以降も変わらないだろう」(芸能記者)

 2019年の視聴率は前年よりも2.7ポイントダウンの14.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。今年は“鬼滅人気”にあやかれるだけに、昨年よりもアップすることは期待できそうだ。

最終更新:2020/11/25 10:00

大改革に失敗していたレコ大 音楽祭方式目指すも…芸能界の実力者から反発のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

前代未聞の対決を描いたU-NEXT配信作品3本

 コロナ過の中、今年のGWは3度目の緊急事態...…
写真
インタビュー

さらば青春の光インタビュー

 ときにはガチの元セフレが出演し、ときにはエピソードトークの内容検証のためにADがパ...
写真