日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > レコ大 超大物の評価が急上昇

レコ大戦線に異変!? 坂道系とFoorinの影に隠れて“アノ超大物”の評価が急上昇中

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

TBS赤坂タワー

 『NHK紅白歌合戦』とともに年末の風物詩と言えば、12月30日に行われる『第61回輝く!日本レコード大賞』(TBS系)だ。

 過去2年は「坂道シリーズ」の乃木坂46が2連覇中。今年の優秀作品賞の顔ぶれは、Little Glee Monster、三浦大知、欅坂46、AKB48、純烈、乃木坂46、氷川きよし、日向坂46、DA PUMP、Foorinの10組。ネット上では、2連覇中の坂道シリーズから欅坂46の「黒い羊」、日向坂46の「ドレミソラシド」を推す声が多い。

「やはりCDの売り上げが、他の追随を許さないほど圧倒的。混戦の年は『結局売れたグループにあげるのが1番』という結論になりやすいんです」(スポーツ紙記者)

 対抗では、小中学生5人のユニット・Foorinの「パプリカ」が挙げられるが……。

「そもそも昨年の曲だし、メンバーも幼いことから、番組終了時まで出演できるかもわからない。ネット上では本命視する声も多いですが、〝客寄せパンダ〟として起用した感がアリアリです」とは週刊誌記者。

 そんなFoorinの影に隠れて「裏本命」とされているのが、今年デビュー20周年を迎えた氷川きよしの「大丈夫」だ。

 氷川は2006年に「一剣」でレコード大賞を受賞。以降は常に金賞にノミネートされるも、大賞は逃している。

「今年は、氷川にとってもターニングポイントとなった年。それまで封印してきた中性的な魅力を前面に出し、週刊誌では事実上のカミングアウトまでした。しかも驚くべきは、それでファンが離れることはなく、大半がありのままの氷川を後押ししていること。来年はさらなるブレークも予想されるため、デビュー20年という区切りの年に大賞をあげてもいいのではないか、という話になっているんです」(前出のスポーツ紙記者)

 一説にはレコ大に圧倒的な影響力を持つ某芸能プロ幹部も「氷川でいい」と許容する姿勢をみせているという。受賞した際には、芸能史に残る歴史的なスピーチが飛び出すかもしれない?

 

最終更新:2019/12/25 12:00

レコ大戦線に異変!? 坂道系とFoorinの影に隠れて“アノ超大物”の評価が急上昇中のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

「親父、調子はどうだ?」――ユーチューバーとして、そしてミュージシャンとして精力的...
写真