日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > レコ大 超大物の評価が急上昇

レコ大戦線に異変!? 坂道系とFoorinの影に隠れて“アノ超大物”の評価が急上昇中

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

TBS赤坂タワー

 『NHK紅白歌合戦』とともに年末の風物詩と言えば、12月30日に行われる『第61回輝く!日本レコード大賞』(TBS系)だ。

 過去2年は「坂道シリーズ」の乃木坂46が2連覇中。今年の優秀作品賞の顔ぶれは、Little Glee Monster、三浦大知、欅坂46、AKB48、純烈、乃木坂46、氷川きよし、日向坂46、DA PUMP、Foorinの10組。ネット上では、2連覇中の坂道シリーズから欅坂46の「黒い羊」、日向坂46の「ドレミソラシド」を推す声が多い。

「やはりCDの売り上げが、他の追随を許さないほど圧倒的。混戦の年は『結局売れたグループにあげるのが1番』という結論になりやすいんです」(スポーツ紙記者)

 対抗では、小中学生5人のユニット・Foorinの「パプリカ」が挙げられるが……。

「そもそも昨年の曲だし、メンバーも幼いことから、番組終了時まで出演できるかもわからない。ネット上では本命視する声も多いですが、〝客寄せパンダ〟として起用した感がアリアリです」とは週刊誌記者。

 そんなFoorinの影に隠れて「裏本命」とされているのが、今年デビュー20周年を迎えた氷川きよしの「大丈夫」だ。

 氷川は2006年に「一剣」でレコード大賞を受賞。以降は常に金賞にノミネートされるも、大賞は逃している。

「今年は、氷川にとってもターニングポイントとなった年。それまで封印してきた中性的な魅力を前面に出し、週刊誌では事実上のカミングアウトまでした。しかも驚くべきは、それでファンが離れることはなく、大半がありのままの氷川を後押ししていること。来年はさらなるブレークも予想されるため、デビュー20年という区切りの年に大賞をあげてもいいのではないか、という話になっているんです」(前出のスポーツ紙記者)

 一説にはレコ大に圧倒的な影響力を持つ某芸能プロ幹部も「氷川でいい」と許容する姿勢をみせているという。受賞した際には、芸能史に残る歴史的なスピーチが飛び出すかもしれない?

 

最終更新:2021/12/03 01:19

レコ大戦線に異変!? 坂道系とFoorinの影に隠れて“アノ超大物”の評価が急上昇中のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

芸能界訃報相次ぐ…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

「混ぜるな危険」の行き着いた先

 tha BOSS名義でリリースした初のソロアルバム『IN THE NAME OF ...
写真