日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 「ジャニーさん最後の推しメン」論

「ジャニーさん最後の推しメン」は本当に髙橋優斗なのか?「最後のスぺオキ」佐藤勝利との決定的違い

文=岩﨑対象(いわさき・たいしょう)

個人的好みとメディア受け 2つの視点を持つジャニー

 最近でいえば平野紫耀や岸優太(King&Prince)がジャニーの推しメンだったといえるだろう。バラエティ番組でどの層が視聴しても、感じがよくて面白い子。人を傷つけず、自分がバカになって視聴者を喜ばせることができるキャラクターだ。

 グループ内で最年長なのに、ぬけているところがあり年下のメンバーにいじられる岸優太。髙橋も実は似たような一面を持っている。所属するJr.グループHiHi Jetsで髙橋は最年長。しかし入所が遅く、ジャニーズ歴は一番短く、グループの売りであるローラースケートでのパフォーマンスも一番下手。ファンやメンバーの間でも「カーストが一番下」「私服がダサい」などといじられながら愛されている。

 ジャニーはそんな髙橋のちょっと間抜けで毒がなく、カラッとしたキャラクターを鑑みて、いつか世間一般に広く愛されるタレントになると見込み、『最後の推しメン』にしたのだろう。晩年、ジャニーの車椅子を押す髙橋の姿も何度か目撃されている。

 “推しメン”と“スペオキ”という2つの視点を持ちながらタレントを育ててきたジャニー喜多川。髙橋はまだデビュー前だが、きっとジャニーの見込み通り広く愛されるアイドルに成長していくことだろう。

岩﨑対象(いわさき・たいしょう)

岩﨑対象(いわさき・たいしょう)

ジャニーズJr.の現場に通う兼業ライター。帝国劇場にある猪熊弦一郎のステンドグラスを愛している。

最終更新:2020/11/28 11:00
12

「ジャニーさん最後の推しメン」は本当に髙橋優斗なのか?「最後のスぺオキ」佐藤勝利との決定的違いのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(2)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 新生UWFの蹉跌とその後の苦衷から抜け出し、よう...
写真