日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ゆいPのラッパー全方位ディス!

『フリースタイルティーチャー』崇勲は大仏、サ上は【コンプラ】! ゆいPの全方位ディスに被弾しまくるラッパーたち

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)
【確認中】『フリースタイルティーチャー』崇勲は大仏、サ上は【コンプラ】! ゆいPの全方位ディスに被弾しまくるラッパーたちの画像1
『フリースタイルティーチャー』(テレビ朝日系)

 11月25日放送『フリースタイルティーチャー』(テレビ朝日系)で、芸能人同士のMCバトル総当たり戦2nd Season決勝戦が行われた。対戦カードはゆいP(ティーチャー:崇勲) VS 品川祐(ティーチャー:サイプレス上野)。2勝1敗同士の顔合わせである。

崇勲、サ上、ID、Kダブ、そして団地民……全方位ディスを放つゆいP

 基本的に、MCバトルは相手を殺しに行くディスり合い。しかしこの決勝戦は、引き金を引く対象が目の前にいる対戦相手じゃなかった。そういう意味で、何気に新鮮な方向性だった気がする。

品川  「ちゃんとやり合おうぜ 俺も練習してきた
     横浜にある上野くんの団地 段違いのスキル付けてきた
     お前の勘違い直してやるよ 上野クリニックで一皮剥けた俺の凄さ
     見せてやるよ これが一線の力」

ゆいP  「上野 あんな外見で着飾ってるくせに
     【コンプラ】住んでんのかよ ダセぇな
     もっと高級マンション住んでてくれよ 夢がねぇ
     ウチの崇勲はマイホーム買う為に 家の内覧をしてる
     お前の所のヘボい師匠とは格が違う」

 ゆいPが【コンプラ】で言っているのは「団地」のはず。自身のスタジオを横浜市戸塚区の団地に構えるサ上に対するディスであり、同時に、全国の団地民へ唐突に放たれたディスだ。サ上と団地民は、とんだとばっちりだな……。いや、これだけで終わらない。さらに、ゆいPは自らのティーチャー・崇勲へ矛先を向けるのだ。

ゆいP   「似た者夫婦になりたかったけど
               IDとゆきぽよみたいに仲良くはなれなかった
     あいつら 毎晩飲み歩いてる
     崇勲 何で私の事 ご飯誘ってくれない?
     この後一応予定は空いてる 崇勲 新木場楽しもうよ」

「IDとゆきぽよ 毎晩飲み歩いてる」は、誰もが妄想したであろう納得のパンチラインだ。これらを見てわかる通り、今回のバトルで空気を作っていたのはゆいPのほう。お互いを撃ち合うのではなく、流れ弾で周りが撃たれまくるアナーキーな珍バトルが展開された。

 2人のバトルはもつれ込み、1-1で3ラウンドへ突入する。ここまで来れば、さすがに小細工なしにタイマンで殴り合うだろう……と思いきや、ゆいPはペースを変えず周囲への流れ弾を放ちまくる。まず、バトルになるとスイッチが入ってヤンキー口調になる品川のスタイルを彼女は突きに行った。

ゆいP  「最後 ヤンキーみたいに『オラ』とか 足で蹴って 威嚇してんの?
       全然 私はそんなの怖くない こっちはバックに大仏が付いてる」
     
 今まで指導してくれた崇勲を大仏に喩えたゆいP。崇勲もサ上もIDも流れ弾を被弾しまくる。見たことのないバトルだ。

 そういえば、ゆいPは前回の原田龍二戦でKダブシャインの「ミッドナイトHIPHOPアカデミー」にも噛みつき、「面倒臭ぇ授業」と吐き捨てていた。芸人の先輩として、品川もそこは看過できなかったようだ。

品川   「だったらよ お前 授業もちゃんと笑い取れよ
      Kダブシャイン つまんねぇかもしれねぇけど
      そこに興味持つのがバラエティの愛情」

 最後の一言に表れているのは、芸人としての矜持。「面白さにも色々ある」と主張する品川が先輩として持論を展開し、芸人論で押し切った印象だ。よく考えると、若い頃の品川は「つまんねぇかもしれねぇけど そこに興味持つのがバラエティの愛情」を実践することができなかった。仕事が減り、年齢を重ね、ようやく見つけた気付きだけに、品川の言葉には重みがある。このバトルは品川が取り、1-2で品川が勝利した。MCバトル総当たり戦2nd Seasonの優勝者は、品川祐! 

 芸人でしかできないであろうMCバトルはすごく新鮮だった。世に出た芸人の凄みを感じさせたのだ。ゆいPも始めは完全にラップ初心者だったのに、ここまで到達できたことは素直に凄い。接戦だったし、面白かった。というか、2人のバトルがまるで漫才みたいに聴こえたくらいだ。ただ、前回に続いてディスに遭い、流れ弾に当たったKダブシャインが不憫である。あのコーナー、筆者はすごく好きなんだけどな……。

 さあ、最後は優勝チームの品川祐×サイプレス上野によるウイニングサイファーだ。
 
品川 「本当に色々教えてくれてありがとう
    ティーチャーが上野くんで良かったよ
    だけど お前 【コンプラ】になってんじゃねぇよ マジで
    俺の仕事にも出たぜ 嫌な影響 2週間
    誰にも会えなかったかもしれないんだぞ」

サ上 「まずはその前に テメェの相方が【コンプラ】だろ
    人のせいにしてんじゃねぇ 2週間 お前 元々仕事がねぇ
    分かってんだろ だからLINEも返さなかったんだよ
    そんな顔すんなよ 優勝おめでとう」

 2人の仲の良さが分かるサイファーだ。ディスり合いからもLOVEが伝わってくる。でも、「コロナ」にコンプラがかかるのはなぜなのだろうか……? 

12

『フリースタイルティーチャー』崇勲は大仏、サ上は【コンプラ】! ゆいPの全方位ディスに被弾しまくるラッパーたちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

ビートたけし「FRIDAY被害者の会」

 ビートたけしが襲撃された!というニュースを...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真