日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 原田龍二“4WD不倫”を突かれ今さら動揺

『フリースタイルティーチャー』ギャルVSおじさん! 原田龍二、ゆきぽよに“4WD不倫”を突かれ今さら動揺

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『フリースタイルティーチャー』ギャルVSおじさん! 原田龍二、ゆきぽよに4WD不倫を突かれ今さら動揺の画像1
『フリースタイルティーチャー』(テレビ朝日系)

 11月4日放送『フリースタイルティーチャー』(テレビ朝日系)で2nd seasonのMCバトル総当たり戦がスタートした。現時点では品川祐(品川庄司)&サイプレス上野ペアの圧勝が予想されているが、果たして……。

原田龍二、“4WD不倫”を突かれて今さら動揺?

 第1試合はゆきぽよ(ティーチャー:ID) VS 原田龍二(ティーチャー:裂固)という顔合わせだ。ギャルテイストの入ったドレスを着て現れたゆきぽよの出で立ちに意気込みを感じる。いい。こういうカマシが大一番には必要だ。

 さて肝心のバトルの内容だが、案の定、ゆきぽよは世間を騒然とさせた原田のアレを突いてきた。彼女がどんなことを言ったか、以下に書き起こそう。

「ゆきは一生これからも原田龍二は【コンプラ】の男だと思ってるよ
 てか ゆき マジで親父が自分の車で【コンプラ】してるって思ったら
 ほんとに気持ち悪くて気色悪い
 家から出て行け てか ここから出て行け てか 芸能界から出て行きな」

「【コンプラ】
 【コンプラ】
 オメェは その程度にもなれねぇ クソ男
 さっさと帰って車に乗り込んで 好きな女でも連れて【コンプラ】してきな」

 もう、何を言ったのか全くわからない。ゆきぽよのディスはコンプラかかりすぎ、コンプラまみれである。2小節丸々のコンプラなんて初めて見た! 前番組『フリースタイルダンジョン』でも見たことのないレベルだ。

 一方の原田は、はっきり言って準備不足だった。今までのレビューでも触れてきたが、対戦相手が原田龍二で“4WD不倫”に触れないラッパーなんているわけがない。なのに、原田は突っ込まれると動揺の色が隠せなかった。裂固もアンサーを用意しておくようアドバイスしておくべきじゃなかったか? この手のディスをうまく返せていれば、勝利の目も見えたはずなのに……。

 ゆきぽよにも課題はある。愛が1ミリもないリスペクト0のディスりは良かった。ギャルがおじさんをイジめているような構図には笑ってしまった。しかし、あまりにもビートをガン無視なのだ。ラップと言うよりただ罵っているだけになっている。ディスの内容もユーモアがなく、単なる悪口だった。勝利への意欲が強いのは伝わってきたが、彼女の戦い方はMCバトルというよりただの口喧嘩に聴こえてしまった。難しい線だが、ディスと悪口は微妙に違う。

 結果、このバトルはゆきぽよの勝利に終わった。ディスられてもディスり返さず、独特の世界観を崩さなかった原田の戦い方は面白かったし、ラップとしてオリジナルだったと思う。しかし、バトルとしては明らかに劣勢だった。今後、原田が勝ちパターンを掴めるのか少し不安だ。あと、判定が出るまでのゆきぽよの不安げな表情も妙に印象深かった。

12

『フリースタイルティーチャー』ギャルVSおじさん! 原田龍二、ゆきぽよに“4WD不倫”を突かれ今さら動揺のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真