日刊サイゾー トップ > エンタメ  > カラテカ入江、設立した清掃会社が大繁盛

闇営業で消えたカラテカ入江、設立した清掃会社が大繁盛も芸能界復帰は絶望的なワケ

闇営業で消えたカラテカ入江、設立した清掃会社が大繁盛も芸能界復帰は絶望的なワケの画像1
ハウスクリーニング会社ピカピカ」より

 カラテカ・入江慎也が12月2日、自身のツイッターを更新。7月に立ち上げたハウスクリーニング会社での清掃業務を終え、アルバイト時代によく来ていた店でランチをした様子を投稿した。

 12月に入り、各家庭では年末の大掃除を控えているためか、入江の会社には連日予約が舞い込み、大忙しな様子だ。

 入江といえば、謹慎中に行っていた渋谷駅でのゴミ拾いの最中、直撃されたインタビューの中で、芸能界復帰について「やりたくなくはない。23年やっていたので……」と、芸能界への未練を口にしていたが、あれからどうなっているのか。テレビ関係者が重い口を開く。

「このまま清掃業を続けて世間から許され、芸能界復帰をしたところで、入江の居場所があるのか微妙なところです。入江お得意のチャラ男キャラのポジションは、人気お笑いコンビ・EXITの2人に奪われてしまっているうえ、人脈キャラも闇営業騒動でしくじってしまったため、テレビでは触れにくい。需要があるとしたら、真面目に清掃業をしていることを取り上げるドキュメンタリー番組でしょうが、『ゴミ芸人』枠にはすでにお笑いコンビ・マシンガンズの滝沢秀一がいます。彼はゴミ清掃員として働いており、ゴミの分別やゴミ集めの注意点などについて書かれた本を出版しているため、ボランティアとして続けていたゴミ拾いの中で、ゴミの分別などに多少詳しくなったところで、入江は二番煎じとなってしまうでしょう」

 テレビから消えた芸人の唯一の場所であるYouTubeも、11月20日、「YouTubeも向いてないと判断しました」「再生数を伸ばす自信が全然ないです」と、答えていた入江。芸能界復帰は諦め、このまま清掃業を真面目に取り組んだほうが良さそうだ。

最終更新:2020/12/06 20:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed