日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『呪術廻戦』にむらがる芸能人

『鬼滅の刃』の椿鬼奴に続け!? 小島瑠璃子、かまいたち山内…etc.『呪術廻戦』にむらがる芸能人たち

文=日刊サイゾー

『鬼滅の刃』の椿鬼奴に続け!? 小島瑠璃子、かまいたち山内…etc.『呪術廻戦』にむらがる芸能人たちの画像1
アニメ『呪術廻戦』公式サイトより

 単行本の累計発行部数が1億部を突破、さらに公開中の映画も興行収入歴代2位にまでのぼりつめた『鬼滅の刃』。2020年上半期のエンタメ業界トピックスは『鬼滅』一色だったが、芸能界にも少なくない影響があった。

「とにかく売れてる芸能人からそうでもない人まで、こぞって鬼滅コスプレをやっていましたよね。インスタで公開すれば、ファン以外からもいいねが貰えるからクセになってしつこく何度もやってるアイドルとかもいました(苦笑)」(アイドル誌ライター)

 しかし雨後の筍のごとく湧いた鬼滅コスプレ芸能人よりも、さらに『鬼滅利権』を総取りしたのが芸人の椿鬼奴だ。

「椿鬼奴は早くから鬼滅ファンを公言していたので、2019年にアニメがヒットしたあたりから鬼滅関連の仕事が大量に舞い込むことになったとか。鬼滅関連のインタビューは椿鬼奴が総取りしていた印象です。椿鬼奴の熱量は鬼滅ファンにも広く知れ渡っており、好感を持たれているので『便乗だ』なんて批判も出なかったし、うまいことやったなと感じます。単行本は最終巻が刊行されましたが、今後もアニメや映画は続くので椿鬼奴の鬼滅仕事はまだまだ増えそうな予感です」(中堅芸能事務所関係者)

 椿鬼奴の鬼滅バブルに触発されてか、芸能人たちは次なるヒットを青田買いしている。それが『鬼滅』同様に「週刊少年ジャンプ」で連載中のマンガ『呪術廻戦』だ。同作もこの10月からアニメがスタートすると人気が加速、単行本の売り上げもうなぎ登りだという。

「『呪術廻戦』に食いついている筆頭が、かまいたちの山内健司です。山内は『ワンピース』好きを公言し続けた結果、今年からスタートした『ワンピースバラエティ 海賊王におれはなるTV』(フジテレビ)のメインMCに抜擢されました。これに味をしめたのか、今度は『呪術廻戦』ファンを公言して、次の仕事に繋げようとしているのでしょう。ほかにも、ぼる塾の田辺智加や、小島瑠璃子なども『呪術廻戦』ファンをアピールしてます。

 マンガ好きを公言していると、椿鬼奴のようにインタビュー系の仕事が舞い込む機会が増えますし、ヘタしたら公式から仕事を振られたり、マンガ家本人からサイン色紙がもらえたり、とにかくいいことずくめなんですよ(笑)。だから芸能人は声高にファンであることを公言するわけです。ただ、あまりあざといとマンガファンからブーイングをくらう場合もあるので、バランス感覚が試されますが……」(前同)

 果たして『呪術廻戦』によっておいしい思いをするのはどの芸能人になるのだろうか?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/11 09:00

『鬼滅の刃』の椿鬼奴に続け!? 小島瑠璃子、かまいたち山内…etc.『呪術廻戦』にむらがる芸能人たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

元美容部員が解説“メンズメイク”のススメ!

 メンズメイクという新しい言葉をテレビやメデ...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真