日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『七人の秘書』下馬評覆して大健闘

テレ朝『七人の秘書』が下馬評覆して大健闘のワケ 高視聴率の要因は“複数主人公制”と『ドクターX』テイスト?

文=田中七男

テレ朝『七人の秘書』が下馬評覆して大健闘のワケ 高視聴率の要因は複数主人公制と『ドクターX』テイスト?の画像1
テレビ朝日系『七人の秘書』ウェブサイトより

 テレビ朝日系の木曜ドラマ『七人の秘書』(木村文乃主演)が10日に最終回(第8話)を迎え、自己最高の16.7%(ビデオリサーチ調べの世帯平均視聴率、関東地区・以下同)をマークして有終の美を飾った。

 全話で13%以上を記録して、平均は14.5%と上々。2クールをまたぐ『相棒season19』(水谷豊主演、テレ朝系)、『監察医 朝顔』(上野樹里主演、フジテレビ系)は別として、秋ドラマの中で視聴率的にはぶっちぎりのトップになりそうだ。

『七人の秘書』は、ふだんは要人に仕え、組織に溶け込み、目立たぬことを極意とする、名もなき秘書(木村、広瀬アリス、菜々緖、シム・ウンギョン、大島優子)と元秘書(室井滋、江口洋介)の7人が、理不尽な目に遭う社会の弱者を救い出すべく、カネや権力にまみれた非情な支配者たちを一掃して成敗する物語。脚本は『ドクターX~外科医・大門未知子~』などでおなじみの中園ミホ氏が担当した。

 そもそも、『七人の秘書』の下馬評は決して高くなかった。本来なら、テレ朝の10月期の木曜ドラマは米倉涼子枠だが、3月に独立した米倉との交渉が不調に終わり、妥協案として『七人の秘書』が放送されるに至った。主演の木村はおおむね脇役が多く、「木村が主役では弱いので、数字を獲るのは難しい」とも言われた。従って、同局的には視聴率が振るわず、“捨てドラマ”になることも覚悟していたようだ。

 ところが、初回13.8%で好発進すると、ほとんど数字を落とすことなく13~15%台で推移。最終回ではハイレベルな視聴率でフィニッシュした。前評判が悪かったのに、高視聴率を獲れた要因はどこにあったのだろうか?

「確かに木村では、テレ朝の看板ドラマ枠の主演を務めるのは弱いとの見方もあったでしょう。ですが、日本のドラマ初出演でネームバリュー不足だったウンギョンを除き、木村を含めた、ほかの6人は、このメンバーで何本もドラマが作れそうな豪華キャスト。個々のファンは足し合わせると相当数の数になる。ストーリー的には、木村が一人で目立つ形ではなく、回ごとに主人公的なキャストが変わる展開。これなら、木村のファンでなくても、アリスや菜々緖、大島らを見たい層も楽しめたはず。つまり、各出演者が木村の影に埋没せず、どのキャストも生かすことができた。それがよかったのでしょう。まあ、絶対的な米倉主役の『ドクターX』とはまったく逆の見せ方で、それがうまく機能しました。

 それから、やはり弱者を救い、悪者を倒す“勧善懲悪”で、視聴者が見た後に、爽快感というかスッキリできた点も大きいでしょう。その意味では、中園氏の真骨頂というか、典型的な“勧善懲悪”の『ドクターX』テイストになっていて、それも幸いした。キャストもさることながら、脚本のよさも高視聴率の要因と思われます。

 なじみが薄かったウンギョンも、演技力の高さを披露し、視聴者も納得でしょう。今後彼女は引っ張りだこになるかもしれませんね」(テレビ誌記者)

 同局内では、米倉、木村拓哉といったトップスターを擁せずとも高視聴率で終えられたのだから歓喜の声が上がっているはず。ネット上では視聴者から絶賛され、続編を望む声が数多く挙がっているようだが、さすがにこの7人のスケジュールを再び合わせるのは至難のワザか?

田中七男

最終更新:2020/12/12 15:00

テレ朝『七人の秘書』が下馬評覆して大健闘のワケ 高視聴率の要因は“複数主人公制”と『ドクターX』テイスト?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

Young Cocoが歌う黒い仕事とポジティブな愛

 2010年代からトレンドとなっているアトランタ発のラップ・ミュージックのスタイル...
写真