日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 町田啓太“ようやく”のブレイク

町田啓太、朝ドラ出演から苦節6年“ようやく”完全ブレイク!?「研音なら2年早く売れてた」の声も

文=日刊サイゾー

町田啓太、朝ドラ出演から苦節6年ようやく完全ブレイク!?「研音なら2年早く売れてた」の声もの画像1

 全体的に視聴率が芳しくない今期のドラマ。そんな中で、密かにブレイクを遂げた俳優がいる。それが町田啓太(劇団EXILE)だ。テレビ東京の深夜ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(木曜深夜1時/以下、チェリまほ)が、日本を飛び出て中国や韓国などのアジア圏でちょっとしたブームになっているという。

 なぜ、国外でウケているのかというと、本作がBLマンガを原作にしているからということもあげられるだろう。町田は、30歳で女性との交際経験がないため「触れた人の心が読める」魔法を手に入れた主人公・安達(赤楚衛二)に思いを寄せる同期社員の黒沢を演じている。

「日本での話題もそこそこに、特に中国で大注目されています。というのも、中国ではここ数年BL・ブロマンスドラマが大流行しているんです。そもそも日本のBLマンガは海外でも人気が高く、その実写化ということでスタート当初から注目度が高かった。当初中国のファンは違法動画サイト経由でドラマを見て、ファン同士で字幕をつけたりなんかして盛り上がっていた様子。そして主人公の赤楚さんもさることながら、相手役の町田さんの人気がうなぎのぼり。中国最大の検索エンジン会社『百度』による日本人スターの人気調査で、木村拓哉や山下智久をおさえて2位にまで急浮上しています」(アジアエンタメライター)

 先月には町田が2019年11年に出版した1st写真集が急遽増刷され、中国をはじめ韓国、タイ、シンガポール、香港、台湾の書店に流通されることになったというから、その人気の高さがうかがえる。

 町田は2011年に俳優デビューを果たし、現在は30歳。14年にはNHKの朝ドラ『花子とアン』にキャスティングされプチブレイクを果たすも、その後は失速気味だった。

「町田啓太は『花子とアン』以降、6年間ずっと“ブレイクする”と言われ続けながらくすぶっていた印象です。大河ドラマにも出演し、すっかりNHK御用達俳優になったので、順風満帆かに思われたが、なかなか3番手4番手の役しか回ってこず……。今年に入ってからは深夜ドラマばかりだったので、ついに旬も終わってしまったかと思いましたが、まさかBLドラマでこんなに大当たりするとは思わなかった」(中堅芸能事務所関係者)

 町田がここまでなかなかブレイクしきれなかったのは、やはり運がめぐってこなかったということなのだろうか?

「町田が所属するLDHは音楽事務所なので、長いことドラマや映画に対して勘所が悪かったんですよ。朝ドラでブレイクした時点でもう少し強くプッシュしていれば……。町田なんか最初から芝居に安定感があったし、もしも研音所属だったらあと2年早く売れてたはず(笑)。でも、LDHは海外へのパイプが強いので、中国で売れた町田の海外戦略はうまくやりそうですね。中国のエンタメ市場は莫大ですから、一気に売れっ子俳優に駆け上がるかもしれない」(前同)

 この12月からはNetflix作品『今際の国のアリス』の出演も控えている町田。今度こそ悲願の大ブレイクとなるだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/09 13:31

町田啓太、朝ドラ出演から苦節6年“ようやく”完全ブレイク!?「研音なら2年早く売れてた」の声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

さらば・森田唖然「やっぱりFANZAや」

 全国で人気のタレントを多数輩出し、またロー...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真