日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 8.6秒バズーカーまとわりつく過去の噂

8.6秒バズーカー、ダイエット企画で復活の兆しも…まとわりつく過去の噂

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

8.6秒バズーカー、ダイエット企画で復活の兆しも…まとわりつく過去の噂の画像1
所属事務所ウェブサイトより

「ラッスンゴレライ」のリズムネタで2015年に大ブレイクしたお笑いコンビ・8.6秒バズーカー。最近は、はまやねんが17キロのダイエットに成功したことでそのイケメンぶりが話題となり、コンビでキャバ嬢マッチングアプリ「CLICKED.」のイメージキャラクターに選ばれるなど、「再ブレイク間近か?」とも噂されていた。

 しかし、そんな2人に「チョットマテ、チョットマテお兄さん!」と言いたくなるようなピンチが訪れているそうで……。

「12月12日、YouTubeの人気チャンネル『アシタノワダイ』の中で、『ガチのタブーに触れて干されて消えた芸人を漫画にしてみた』というタイトルのもと、8.6秒バズーカーが消えた原因がマンガ形式の動画で紹介されたんです。その中では、以前からウワサされていた、『彼らには反日の思想があるのでは?』という疑惑が並べたてられていました。

『ラッスンゴレライは、落寸号令雷』など、世の中から忘れ去られていたこのうわさですが、この動画を見て初めて知った視聴者も多かったようです。動画の構成的は、何も知らない人をあおるものですし、コメント欄に投稿する人たちも無批判にそれらを信じてしまっているのですが……。フェイクニュースとも言える代物ですが、現在200万回以上再生されてしまっていて、今後もたくさんの視聴者の目に止まるかもしれません。真実が置いてけぼりのまま拡散され、8.6秒バズーカーに嫌悪感を抱く人たちが再び増え、また仕事が減ってしまうかもしれません」(芸能記者)

 しかし、コメント欄には、「反日じゃなくてただ単につまらないから消えただけでしょ」「意図的に原爆をネタにするわけない」「こじつけすぎてちょっと笑った」と、彼らを擁護する声も。

 この動画は、ただ単にネット上の噂をまとめただけでなんの検証がなされているものでもない。その割にはおどろおどろしく掻き立てており、悪質と言えるものだが……。2人にはこうした噂に負けず、もう一花咲かせてほしいものだ。

最終更新:2020/12/23 15:00

8.6秒バズーカー、ダイエット企画で復活の兆しも…まとわりつく過去の噂のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

米倉涼子、次は学園モノで教師役?

 昨年3月、27年間所属していた大手プロ「オ...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

 近年、性教育本がブームとなっている。中には思春期以前の子どもに向けて生殖や性暴...
写真