日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > ティモンディが阪神秋山と自主トレを公開の裏事情

ティモンディが阪神秋山と自主トレを公開の裏事情…ネタ切れスポーツ紙が泣きついた?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

ティモンディが阪神秋山と自主トレを公開の裏事情…ネタ切れスポーツ紙が泣きついた?の画像1
所属事務所ウェブサイトより

 「やればできるっ!」でお馴染みの芸人の隣に今年、2ケタ勝利を記録した阪神タイガースの選手が一緒に自主トレを公開。だが、これにはいろいろと事情がありそうで…。

 愛媛・済美高野球部出身の人気お笑いコンビ・ティモンディが19日、東京都内でタイガース・秋山拓巳選手の自主トレ風景を公開。同郷の西条高出身の秋山とは高校時代、甲子園大会出場をかけて戦った間柄。ティモンディが公式Youtubeチャンネルで秋山の話題を出したことがきっかけで自主トレが実現したようだ。

 それにしても、例年この手の自主トレーニング公開は新年が明けた1月に行われることが大多数。長年、プロ野球取材を続けるスポーツ紙運動デスクも「この時期にこういった報道を見るのはあまり記憶にない」と話す。

「各チームのホーム球場や練習場で自主トレ後に取材対応している様子は報道されているが、そこを離れて自主トレに励む姿を見せているのは阪神だけです。先日も、糸原健斗選手が広島市内のトレーニングジムで汗を流す姿が報じられています」(同)

 場所は違えど、わざわざ例年より「繰り上げ公開」するのはなぜなのだろうか。事情を知るプロ野球OBはこう語る。

 「矢野燿大監督、選手は番組出演などもこなしていますが、それだけではネタが紙面を埋まらず在阪メディアが球団側に泣きついたという経緯があるようです。オフになっても関西では1、2、3面は可能な限り阪神タイガースの話題で埋めたい。そうしなければ、紙面が売れないといまだに信じ切っています。ただ、いずれも現場での取材は球団広報、あるいはメディアの中で代表者を決めて取材しており、配信された内容以外を報じることはご法度。それでも文句を言うメディアは皆無です」。

 繰り上げ公開は球団にとって融通が利かせる中で、メディアをこれまで以上にコントロールしていることが透けて見える。

最終更新:2020/12/24 14:00

ティモンディが阪神秋山と自主トレを公開の裏事情…ネタ切れスポーツ紙が泣きついた?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

実話ベースの珠玉作『義足のボクサー』

 檻の中に閉じ込められていた魂が自由を手に入...…
写真
インタビュー

『バブリーダンス』創出した高校生の新価値観

 2017年に世間を賑わせた大阪府立登美丘高校の「バブリーダンス」や夏の甲子園大会の...
写真