日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 菅野智之コロナ禍で「残留」急浮上!?

菅野智之メジャー挑戦も…コロナ禍で「残留」急浮上!? 巨人の本音は「出て行って!」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

菅野智之メジャー挑戦も…コロナ禍で「残留」急浮上!? 巨人の本音は「出て行って!」の画像1
写真/GettyImagesより

 今オフのポスティングシステムの申請期間が12月12日に終了した。今年の注目は、今季14勝を挙げた巨人のエース・菅野智之の去就だ。

「すでにメジャー全30球団に契約可能選手として通知されており、レッドソックスなど複数の球団が興味を示しています。交渉期間は日本時間で来年1月8日午前7時までですが、菅野本人は米国のコロナ禍を懸念し、『正直悩んでいる』と吐露。ここにきて巨人も残留の可能性も急浮上しています」(スポーツ紙記者)

 原監督は「伯父としては(メジャーに)行ってほしいが、チームとしては残って欲しい」と発言。フルボッコにされた福岡ソフトバンクへのリベンジのためにも、菅野が残留をほのめかしたことは、巨人としても嬉しいはず。しかし、スポーツライターがこう反論する。

「今さら残留されても困るというのが球団の本音ですよ。仮にメジャー行きを断念すれば、今季推定年俸6億5000万円から来期は8億円以上が予想されます。コロナ禍で金欠となったうえに、根拠のない闇雲補強で横浜DeNAから梶谷隆幸と井納翔一を合わせて1年3億円で獲得。もし来季FAでのメジャー挑戦となれば、巨人には一銭も入らなくなりますから、それならポスティングで6~7億円を手にするほうが、外国人を獲得できてありがたいというわけです。最近になって、読売系列の『スポーツ報知』が井納について『投げる球は一級品、進化続ける34歳』と急に持ち上げ始めたのも、“巨人の意”を汲んでのことでしょう」

 菅野は、日本の比ではないコロナリスクを背負いながら、渡米することになりそうだ。

最終更新:2020/12/17 17:00

菅野智之メジャー挑戦も…コロナ禍で「残留」急浮上!? 巨人の本音は「出て行って!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

芸能界訃報相次ぐ…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

フースーヤ、舞い戻る

 2016年年末、芸歴1年目にしてフジテレビの若手発掘番組『新しい波24』で華々しく...
写真