日刊サイゾー トップ > 芸能  > 虹、BTS、NCTから読み解くK-POPの魅力

NiziU、BTS、NCTの活躍と潮目が変わった“日本とK-POP”の関係性 音楽ライターが韓国エンタメの2020年を大総括

文=宮崎敬太(みやざき・けいた)

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗いムードの世間を盛り上げようと奮闘していた。ここではさまざまな分野の識者に、今年特に熱かった作品を総括してもらう。ここでは、音楽ライターの宮崎敬太氏に日本のK-POPフィーバーを牽引した3組のグループをあげてもらった。

NiziU、BTS、NCTから読み解く「日本とK-POP」音楽ライターが韓国エンタメの2020年を大総括の画像1
BTS「Dynamite」

 2020年のK-POPを振り返る前に、簡単に私のプロフィールを。普段は音楽ライターとしてヒップホップの記事ばかり書いているんですが、実は2010年頃からK-POPをチェックし続けています。きっかけは少女時代の「Gee」です。さらに同曲の韓国版MVでSHINeeというボーイズグループの存在を知ってからは、K-POPにどっぷりハマりました。

 やはり衝撃だったのは、K-POPのあらゆる面で高すぎるクオリティです。だけど当時はK-POPを取り上げる媒体がほとんどなかったので、K-POP情報を得られるMnetなどの各種ケーブルテレビに加入したり、新大久保に行ったり、ライブ会場で情報交換をしたり、SNSをディグしたり、ライフワークとしてその魅力をこつこつと分析して研究してきました。

 そんな私にとって、今年は日本がK-POPというか、韓国エンターテインメントの魅力に気づいたと感じる1年でした。大きな要因は、新型コロナの自粛期間です。SNSとネットが全盛の世の中ですが、世論という意味ではテレビの影響力がいまだに大きい。そんな時こそ楽しい番組が観たいのに、感染予防の観点からテレビ局も機能停止してしまう。自宅で暇を持て余した多くの人がYouTubeやNetflixを見始めるのは自然な流れでした。

 韓国エンタメは私がハマるはるか前から現在に至るまで常にハイクオリティで、日本でも相当数のファンが静かに熱く活動していました。。SNSの口コミからドラマ『愛の不時着』と『梨泰院クラス』が話題になって、次に去年日本で大ブレイクしたTWICEの妹分を決めるオーディション番組「Nizi Project」(以下、虹プロ)が盛り上がりました。韓国はオーディション番組大国で、そもそもTWICEもオーディション番組出身。「虹プロ」が秀逸だったのは、韓国のノウハウをそのまま持ち込むのではなく、「未完成なアイドルの卵を一緒に育てる」という日本のアイドル文化を尊重してローカライズしたこと。これにより、多くの人が自然に番組に入っていけました。

 そして夏にはBTSが「Dynamite」をリリースします。彼らは2017年の段階ですでに世界的なビッグアーティストでしたが、こと日本においては、自粛期間以前と以後で受け入れられ方が変わったように感じます。たとえドーム公演を成功させていたとしても、これまではあくまで「K-POP好きの若者の間で盛り上がってる」存在でした。どこか斜に構えていた。ですが『不時着』や「虹」で多くの人が韓国エンタメの魅力、ヤバさに気づいた。「Dynamite」はコロナの閉塞感で窒息しそうな2020年を照らす、抜群に明るいディスコナンバーでした。しかもアメリカのビルボードチャートで2週連続で1位を獲得。もはや認めざるを得ないクオリティと実績、状況が生まれ、マスメディアも後追いで注目しました。繰り返しますが、K-POPはずっと前から変わらず、ハイクオリティでした。デジタルネイティブな若い世代は、とっくの昔にそれに気づいていた。だからBTSをはじめとするK-POPアーティストたちがドーム公演を成功させることができたのです。

12

NiziU、BTS、NCTの活躍と潮目が変わった“日本とK-POP”の関係性 音楽ライターが韓国エンタメの2020年を大総括のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつ...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真