日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 涼真とあやみのキスシーンに彩花が猛嫉妬

竹内涼真と中条あやみのキスシーンに彼女・三吉彩花が猛嫉妬で痴話ゲンカ⁉

竹内涼真と中条あやみのキスシーンに彼女・三吉彩花が猛嫉妬で痴話ゲンカ⁉ の画像1
写真/GettyImagesより

 2021年1月17日スタートのドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)に俳優の竹内涼真が主演する。

 同ドラマは、竹内演じる自動車整備工の響が、トンネルの滑落事故に遭ってから4日後、噛みつくことで増殖するゾンビの出現により一変した世界でサバイバルを繰り広げるストーリー。竹内は先日、自身のインスタグラムにゾンビとの2ショットを投稿しているが、その特殊メイクがリアルすぎると話題を呼んでいる。

 しかし一方で、ネットニュースのコメント欄には、「竹内は観たくない」との声も続出しているという。芸能記者が言う。

「今作はラブストーリーでもあるので、どうしても竹内の“乗り換え事件”を思い出す人が多い。竹内は5月に『フライデー』(講談社)で女優の吉谷彩子と別れ、モデルの三吉彩花と交際していることが発覚。その際、吉谷を追い出し、彼女が立て替えていた生活費100万円をうやむやにしようとしてことで、爽やかなイメージが大幅にダウンしてしまった」

 また、世間以上にドラマに拒否反応を示しているのが、交際相手の三吉だという。テレビ関係者が耳打ちする。

「ドラマで竹内の恋人役を務めるのが中条あやみです。作中では金網越しにキスする場面があるようで、それを知った三吉が嫉妬し、痴話ゲンカが起きていたそう。竹内と中条は電子書籍サイト『コミックシーモア』で兄妹役を演じていますから、共演者キラーと呼ばれる竹内が彼女に入れ込むのではないかと、やきもきしているようですね」

 しかし、三吉が気を揉む必要はなさそうだ。前出。テレビ関係者が続ける。

「竹内の口説きを警戒してか、中条のマネージャーが3人から5人に増員されています。そのうち3人は女性で、自宅まで付きっ切りでガードしているようですから、竹内が手を出す隙間はなさそうです」

 監視下に置かれている竹内は、ゾンビに襲われるよりも生きた心地がしないかもしれない?

最終更新:2020/12/25 19:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed