日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > フワちゃん今年も生き残れるのか?

フワちゃんは2021年も生き残れるのか? 業界内では「現在のキャラはとっくに飽きられている」

文=日刊サイゾー

フワちゃんは2021年も生き残れるのか? 業界内では「現在のキャラはとっくに飽きられている」の画像1
【逃げ恥】フワちゃんが「恋ダンス」撮影現場に潜入!!『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類! 新春スペシャル!!』【TBS】より

「ユーキャン新語・流行語大賞」に選ばれた芸人は一発屋で終わる──そんなジンクスに立ち向かうこととなるのが、フワちゃんだ。2020年の新語・流行語大賞では、ギャグなどのフレーズではなく「フワちゃん」という名前がトップ10入りし、まさに2020年のバラエティ界を代表する芸人となった。

「誰にでもタメ口をきくスタイルと、いつでもどこでもスマホで撮影してしまう傍若無人ぶりは、YouTuber芸人という肩書きとともに、世間に受け入れられました。でも、正直そういったキャラクターはとっくに飽きられています。フワちゃんの破天荒ぶりをイジる企画なんてほとんどないし、フワちゃんとYouTubeを絡めた企画もほとんどない。基本的には、普通のひな壇系の女性タレントや若手芸人と同じ並びになっています」(制作会社関係者)

 その突飛なキャラクターに対する需要は枯れてしまったといえそうなフワちゃん。このまま生き残ることはできるのだろうか。

「フワちゃんが生き残るために必要なのは、いかに“求められたコメント”ができるかということ。今でいうと、朝日奈央、みちょぱ、ゆきぽよのようになれるかどうかが問題です。朝日やみちょぱの優れている点は、積極的にボケないのに、気の利いたコメントができるということ、そしてイジられたときにしっかりツッコミで返せるということです。

フワちゃんの場合、いまはまだキャラクターに引っ張られていて、求められた立ち居振る舞いではなく、自分のキャラを押し出してしまうことが多い。これだけをやっていては仕事はなくなると思います。完全にキャラを捨てる必要はないものの、いかに個性を潰して、バラエティーのセオリーに入っていけるかが重要でしょう」(同)

 実際に、フワちゃんはそういった重宝されるテレビタレントになれるのだろうか。

「2020年にフワちゃんが売れた背景には、コロナ禍でリモート出演が多かったということもあるんですよね。フワちゃんはフリーということで、自由度も高く、いろいろな場所からリモート出演することができた。そして、コロナ禍でテレビの収録が難しい時も、YouTuberであるフワちゃんは自分で素材を作って提供することもできた。そういった状況があったからこそ、フワちゃんへ需要が集中したんです。

 でも2021年はそこまで自粛ムードでもないだろうし、制作サイドも様々なノウハウを身に着けているので、フワちゃんのスキルに頼る機会も減ってくるはず。正直、フワちゃんにとってはちょっと厳しい状況が待っていると思います」(同)

 強烈な個性でブレイクしたものの、数年後には消えてしまった芸人は山ほどいる。ただ、中には渡辺直美のように独自のポジションを築いた芸人も少なくない。フワちゃんがどちらの道に進むのか──。まさにこれから正念場がやってくる。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/01/02 08:00

フワちゃんは2021年も生き残れるのか? 業界内では「現在のキャラはとっくに飽きられている」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

元美容部員が解説“メンズメイク”のススメ!

 メンズメイクという新しい言葉をテレビやメデ...…
写真
インタビュー

EXILE世界が選ぶ2020年最高のアニメ

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗い...
写真