日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 大不況でテレビの電通支配が強力に?

新型コロナによる大不況でテレビの電通支配が強力に!? 第2のフワちゃんを生み出せなど無茶振りも…

文=小林真一(こばやし・しんいち)

 新型コロナの猛威が日に日にひどくなっている中で、大きな変革を求められているのがテレビ業界だ。

「震災やリーマンショックなどこれまでもピンチはありましたが、新型コロナに関しては先が見えないだけに深刻度が違います。テレビ各局ともにイベントが軒並み出来ないのも痛手で、今年度の売り上げは大幅な赤字になることが決定している。それよりも痛いのが、メインのスポンサーである大手企業が広告出稿を見直していることです。現在は予算消化のためにCMが若干持ち直していますが、来年以降は白紙状態。トヨタなどテレビCM不要を言い出している企業も多く、これをきっかけにテレビ離れが進みそうです」(民放関係者談)

 売り上げが悪くなる中で、これまで華やかで高給が約束されていたテレビ業界も、事情が変わってきているという。

「給料は年々下がっていますが、今年はボーナスも部署によっては大幅に減りました。その上、リモートワークが難しいので、番組制作スタッフはコロナに怯えながら仕事し大きなストレスを抱えている。現に、退社する社員も多くなってきています。また、予算が減少し制作会社に仕事を振りづらくなり、社員の仕事が増えている。このままでは、過労死なんてことにもなりかねない事態になっています」(民放関係者談)

 そんな中でも、NHKと日テレだけは状況が違うようだ。

「NHKは受信料の徴収が好調で収益が上がっています。また、日テレはNiziUの大ヒットで系列のHuluが絶好調です。今後も、加入者を増やすためにドラマやバラエティも美味しいところをHuluに流すやり方で収益をあげようとしています。他局も配信事業を活性化したいところですが、日テレ以外は上手くいっていない現状です」(民放関係者談)

 ただ、もっとも稼ぎのいい広告事業をカバーするまでにはまだまだ時間がかかるという。

「CMに関してはある意味コストも掛からずに収益になるわけですから、他の事業でCMの激減をカバーするのは無理な話。日テレに関しても、大幅な売り上げの減少は避けられない。各局ともに、来年以降もCMが4割減する方向で予算組をしています。まずは番組制作費や経費を削減し、来年以降は希望退職者を募って事実上のリストラの準備も進めているようです」(民放関係者談)

 そうした中で、テレビのCMを実質管理していると言っても過言ではない電通の影響力が日に日に増しているという。

「これまでも番組作りに口をだすことはあったのですが、いままで以上にキャスティングや番組内容に意見を言ってくるようになっています。これまでは、視聴率がある程度安定していれば好きにやれたのですが、今後は視聴率に加えて電通がCMを売りやすい番組を求められるようになる。総務省の認可事業であるテレビですが、実質はこれまで以上に電通に支配される可能性が高くなっています。CMに依存しているだけに、テレビ各局もこれに抗うことは難しいです」(民放関係者談)

 こうした電通の支配は、テレビの質を落としかねないとも言われている。

「電通はテレビCMでの売り上げに依存していた状況から、インターネット広告の販売へ本格的に切り替えています。そこで、テレビ局にはSNSなどで話題になっている人物のキャスティングを押してきています。テレビで人気を出してユーチューバーなどを囲い込むつもりのようですが、電通がプッシュするネット系の有名人は面白くない。第二のフワちゃんを作り出したいようですが、押し付けられているプロデューサーは頭を抱えていますね。今後はネットを絡めた番組作りも求められていくようで、テレビならではの面白い番組はどんどん減っていく可能性があります」(民放関係者談)

 これまでもテレビの電通支配は行われていたが、新型コロナの影響でさらに鮮明になっていきそうだ。

小林真一(こばやし・しんいち)

小林真一(こばやし・しんいち)

出版社、IT企業、テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2020/12/18 18:37

新型コロナによる大不況でテレビの電通支配が強力に!? 第2のフワちゃんを生み出せなど無茶振りも…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつ...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真