日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 2021年の女性アイドル業界は正念場

坂道シリーズもすでにピークアウト? 2021年の女性アイドル業界は正念場か

文=日刊サイゾー

坂道シリーズもすでにピークアウト? 2021年の女性アイドル業界は正念場かの画像1
AKB48

 AKB48が落選し、デビューしたばかりで大ブレイクを果たしたNiziUが出場した2020年の『紅白歌合戦』。女性アイドルシーンが過渡期にあることを象徴する出来事だった。

「アイドル戦国時代などと呼ばれていた時代はとっくに過ぎ去り、女性アイドルシーンはかなり落ち着いてしまいました。そんななか新型コロナウイルスの感染拡大で、ライブや握手会などがこれまで通りに開催できなくなり、さらにアイドルシーンが低迷する形になっています」(音楽業界関係者)

 2021年の女性アイドルシーンはどう動いていくのだろうか──。トップをひた走る、乃木坂46、櫻坂46、日向坂46の坂道シリーズも、決して盤石ではないという。

「人気も売り上げも坂道シリーズがトップであることは間違いないものの、すでにピークは過ぎています、さらに、コロナの影響が大きくて、2020年でその勢いは一気に下降してしまいました。握手会への依存度が高かったのに、正常化のメドはたっておらず、そろそろ新たなビジネスモデルを見いださないと、フェードアウトするしかないような状況です。日本中の誰もが知っているような新生代エースでも登場すれば復活もあるかもしれませんが、正直難しい。これからはいかに延命していくかという方向性にならざるをえないでしょう」(同)

 一方、すでに延命すらも難しくなっているのが、AKB48グループだ。

「こちらも握手会などの特典会が正常に行えないのが、一番の痛手。また、札幌や仙台でも48グループができるという話があったものの、全く進展していないというのも致命的。こういうところで“落ち目イメージ”に拍車がかかっていくんですよ。今年中にいくつかの“支店撤退”もありえそうだと言われています」(同)

 コロナ禍でライブ活動がままならないなか、規模を縮小しながらもライブ活動を継続しているのがハロー!プロジェクトだ。

「ハロプロは、出演者を減らしたり、着席のみの観覧といったルールを設けたりして、コロナ禍でできるコンサートを模索しています。ほかのアイドルグループが、なかなかライブを再開できないなか、昨年夏にはライブを再開し、そのまま現在に至るまで、継続してツアーを行っているのも大きい。これまでよりも売り上げが下がっているのは仕方ないとしても、継続するという意志は強くアピールしている。さすが老舗といった感じで、今年も根強い人気を保つでしょう」(レコード会社関係者)

12

坂道シリーズもすでにピークアウト? 2021年の女性アイドル業界は正念場かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

オードリー若林、ラップを粗品に褒められ喜び

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真