日刊サイゾー トップ > 芸能  > 今後グループでの紅白出場がなさそうなX JAPAN

X JAPAN、YoshikiとToshiの決裂は決定的か…このままだと今後のグループでの紅白出場はなさそう

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

写真/GettyImagesより

 2020年の紅白に特別枠で出場したX JAPANのYOSHIKIだが、米ロサンゼルスから「ENDLESS RAIN」を披露。

 YOSHIKIのピアノ演奏に、QUEENのブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、サラ・ブライトマンが海外から、日本からは紅組のBABYMETAL、milet、LiSA、白組sixTONESがコラボする豪華な演出となった。

 そんなYOSHIKIは、日本時間の2日、自身のSNSを更新。英語と日本語でメッセージを投稿し、「いつも応援ありがとう。実は去年、少し鬱(うつ)になっていて、LAで医師から治療を受けていた」と告白。「でも人前では、みんなのためにも“微笑む”、と決めていた。それが効いているみたい」とパフォーマンスをすることで、症状を抑え込んでいることをうかがわせた。

「コロナ禍がYOSHIKIの鬱の一因になっていることは明らかだが、それ以上の要因として推測されるのがX JAPANの今後について。現状だと、ToshIとは“絶縁状態”で、 バンドでの活動のメドがまったく立っていない」(音楽業界関係者)

 X JAPANは紅白に15年から17年まで3年連続で出場。18年9月末に千葉県・幕張メッセでバンドとしての公演を行ったが、以後、バンドでの活動はなし。同年の紅白にはYOSHIKIがソロで出場し、昨年まで3年連続ソロ出場している。

「ToshIは『龍玄とし』の名義でインスタグラムのアカウントを開設しているが、20年の夏ごろまでX JAPANに関する写真や、YOSHIKIとのツーショットなどをことごとく削除してしまった。さらに、公式サイトのプロフィールからもX JAPANに関連する情報が削除されており、まるでもともとソロアーティストだったかのよう。どうやら、ギャラの件でYOSHIKIと揉めたことから亀裂が深まり、修復不能な状態のようだ」(芸能記者)

 ファンのためにも歩み寄って同じステージに立ってほしいものだが……。

最終更新:2021/01/05 14:02

X JAPAN、YoshikiとToshiの決裂は決定的か…このままだと今後のグループでの紅白出場はなさそうのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

元美容部員が解説“メンズメイク”のススメ!

 メンズメイクという新しい言葉をテレビやメデ...…
写真
インタビュー

動物の交尾やマリファナをモチーフのスノードーム

 こぶし程度の小さなガラスのドームの中に、雪を舞わせて幻想的な世界を作り出す――。年...
写真