日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 近藤春菜、『スッキリ』卒業と闇営業騒動の“関連”とは?

ハリセンボン近藤春菜、『スッキリ』卒業と闇営業騒動の“関連”とは?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

[確認中]ハリセンボン近藤春菜、『スッキリ』卒業と闇営業騒動の関連とは?の画像1
ハリセンボン。(写真/GettyImagesより)

 お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜が今月4日、MCを務める日本テレビ系情報番組『スッキリ』を3月いっぱいで卒業することを発表した。

 近藤は16年の春から同番組のサブ司会を担当していた。

 また、同番組については来春から水卜麻美アナが、同局の情報番組『ZIP!』のメインMCに起用されることから異動となり、同局の次世代エース候補の岩田絵里奈アナウンサーが後任を務めることも明らかになっている。

 同番組の春の改編について同局の局員はこう語る。

「近年、ウチの局はテレ朝の躍進やドラマの不調により視聴率三冠王の座が危ぶまれていますし、今回の『スッキリ』の改編については、他番組との兼ね合いも含めて朝から昼にかけての情報番組のさらなる強化という狙いがあると思われます」

 もっとも、近藤の卒業に関しては、単なるコストカットとは別の意味合いもあるようで、業界内を戦々恐々とさせているという。

「近藤さんといえば、吉本興業の闇営業騒動の際、会社の上層部に対して不信感をあらわにし、“加藤の乱”を起こした加藤浩次さんに追随して苦言を呈し、その後に所属契約から専属エージェント契約へと移行しましたからね。正直な話、『闇営業騒動が起こらず、吉本所属のままだったら、今回の卒業はなかっただろう』という見方が局内でももっぱらです」(同局員)

 すっかり沈静化した観もある吉本興業の闇営業騒動だが、いまだに同社の上層部は騒動のキッカケを作った「雨上がり決死隊」の宮迫博之をはじめ、上層部批判を口にした加藤や近藤、友近らを許していないという声も多い。

「実際、友近さんについては、闇営業騒動直後に“元社員”を名乗る人物によるパワハラ告発が週刊誌で報じられましたしね。吉本サイドが近藤さんの番組卒業を後押ししたとまでは言いませんが、少なからず所属タレントの時ほど守らなかったことは間違いないでしょう。それに、“子飼い”の近藤さんの卒業は、番組のメインMCで同じく吉本と専属エージェント契約を結ぶ加藤さんに与えるダメージも大きい。『次は自分か?』というプレッシャーにもなるでしょうし、近藤さんを守り切れなかったことで求心力の低下にも繋がりかねませんからね」(前出の局員)

 闇営業騒動の余波はまだまだ続いている……ということか。

最終更新:2021/01/08 07:00

ハリセンボン近藤春菜、『スッキリ』卒業と闇営業騒動の“関連”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

コロナ禍をサバイブするミニシアターの現状

 いま、ミニシアターが揺れている。ミニシ...…
写真