日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > ロッテ清田、コロナ不倫の代償

千葉ロッテ清田、コロナ感染も不倫…罪深すぎる「代償」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

千葉ロッテ清田、コロナ感染も不倫…罪深すぎる「代償」の画像1
千葉ロッテマリーンズ選手紹介ページより

 プロ野球・千葉ロッテマリーンズの清田育宏選手が、コロナ禍の昨シーズン中に一般女性と不倫関係にあったことが8日発売の写真誌「FRIDAY」(講談社)が報じた。これに先立ち7日には球団が「しかるべき処分を行う」とコメントしている。

 同誌では清田が数年前からこの女性と不倫関係にあったとしており、新型コロナウイルス感染が蔓延している2020年9月の札幌遠征を含め、複数回にわたり遠征先のホテルの部屋で密会、男女の関係になったと報じた。ところが、その時期にチーム内で複数の選手が新型コロナウイルスに感染、清田も10月6日に感染が判明した。

 同時期に女性が発熱するなど体調不良を伝えたところ、球団に虚偽の申告をしたつじつまをあわせるために「病院に行かないで」「高原検査キットを自ら買って調べて欲しい」とお願い。その後、ほかの女性との不倫が分かったことから愛想をつかし、20年12月に別れたたという。球団側は「重く受け止めている。内容を精査させていただき事実確認をした上で厳正にしかるべき処分を行う」としており、もはや言い逃れはできない状況だ。

 プロ野球 OBは「昨年秋には阪神タイガースでも当時、在籍していた福留孝介選手ら9人が新型コロナウイルスに感染、遠征先で要諦判定を受けたことから緊急で1、2軍の選手を大量入れ替えすることになりましたが、同時期に清田はオンナに入れ込んでいたんですよね。昨年は外食はおろか、外出制限も出ておりいつもように合コンやキャバクラなどにも繰り出せない。それで、一般人女性を自室とは別の部屋を取らせて、そこに寝泊まりしに行き息抜きするしか方法がないのでしょうが、許せない事態です」と実情を語る。

 ただ、当時も今も医療が逼迫している上に「社会常識的にも問題が多過ぎる。何より、バレなければ大丈夫という精神でやっているからこんな大惨事を招いてしまった。平時に不倫が週刊誌に報じられて謝罪するのとは訳が違う。今回の場合、相手女性も感染している可能性があり、絶対に病院で検査させなければならないのに、それを怠るどころか止めている。社会的責任も含めて絶対に許されない」と憤る。

 まもなく2月1日からは春季キャンプが始まるが、関東圏に緊急事態宣言が発令される中「悲しいけど同じことをやる輩は絶対にいない!と言い切れないのが切ない」と前出OBは嘆いているが……。

最終更新:2021/01/09 22:00

千葉ロッテ清田、コロナ感染も不倫…罪深すぎる「代償」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

中居がサンドに「ラジオつまんねえ」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

原田龍二が瓜田純士にラブコール!

はみだし者、という意味を持つ“アウトロー”。道なき道を行く彼らは、いつも孤独とともにあ...
写真