日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 澤村、ロッテへの移籍で復活か

元巨人・澤村拓一、千葉ロッテへの電撃トレードで「完全復活」に期待がかかるワケ

澤村拓一(読売ジャイアンツ公式サイトより)

 プロ野球・読売ジャイアンツのドラフト1位選手ながら、千葉ロッテに電撃トレード移籍した澤村拓一投手。8日には1軍の日本ハムファイターズ戦でいきなり登板、3者連続三振で鮮烈なデビュー戦を飾った。

 もともとは“巨人志望”が強かった沢村。1軍でも抑えで優勝に貢献するなどしていたが、プライベートも注目されることが多かった。

「歓楽街での暴力沙汰や、元日本テレビアナウンサーとの離婚など、スキャンダルネタの宝庫でしたから。それでいて、プレーで活躍できなくなれば周囲の目は当然ながら厳しくなり、今回のトレード放出につながったと見る関係者も多い」(プロ野球関係者)

 以前はパ・リーグ、しかも千葉ロッテへのトレードとなれば格下の感は否めなかったが、今やパ・リーグがセ・リーグを交流戦や日本シリーズで圧倒しているのは周知の事実。前出の関係者は「ひと昔前と比べても、注目度は格段に違う」と話すが、それでも千葉ロッテ移籍での「特典」がないわけじゃない。

「やはり、芸能マスコミなどの監視の目は緩みますよ。そこは巨人や阪神とは注目度が違いますから。ただ、また派手にトラブルを起こしたりすれば話は違ってくると思いますが、普通にやっていればヤジが飛びそうな記事はまず、でません。それだけに澤村が本来の力を発揮しやすい環境になったのでは」(同)

 温かい目に助けられながら、澤村が完全復活することを願うばかりだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/09/13 00:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed