日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 阪神・藤川引退試合で鳥谷にブーイング

阪神・藤川引退試合にロッテ・鳥谷が極秘来場も…空気読めずにブーイング

阪神・藤川引退試合にロッテ・鳥谷が極秘来場も…空気読めずにブーイングの画像1
藤川球児(写真/GettyImagesより)

 今シーズン限りでの現役引退を発表していた阪神タイガース・藤川球児投手の引退登板となった10日の阪神vs巨人戦。地上波中継担当局、サンテレビの平均視聴率が7・4%だったことが11日、わかった(ビデオリサーチ社調べ、関西地区)。

 さらに最高瞬間視聴率は藤川登板の場面で10・5%だった。在阪テレビ局関係者は「すでにNHKが関西と高知エリア、関西テレビがローカルで藤川の引退特番を今週、放送することが決まっており阪神レジェンドにふさわしい扱いを受けている」と説明。新聞では大阪本社発行版のスポーツ紙が「球児ありがとう」を合言葉に写真などで大展開。各記者がこれまで温めていた数々のエピソードが披露されていた。

 一方で、現場では問題も起こっていた。2019年まで阪神生え抜き選手として人気者だった、現千葉ロッテマリーンズの鳥谷敬選手が極秘で来場したのはいいが、その立ち振る舞いに物言いがついていた。

「客席で観戦となると、試合そっちのけで大騒ぎになるため、球団は特別に記者席を用意し、マスコミには写真撮影厳禁を通達。それなのに、本人は自分の子どもを5人も連れてきて、記者席で優雅に観戦していた。現役の阪神選手ならまだしも、よその球団の所属選手なのにこれではブーイングが起こっても仕方がない。しかも、彼が滞在した記者席は席、通路とも非常に狭い場所ですが、そこで子どもが走り回っていた。はっきり言って、関係者の移動や仕事の邪魔になっていた」(プロ野球関係者)。

 子煩悩で知られる鳥谷の、良かれと思っての行動だろうが、火の玉ストレートで立ち向かった裏では、さまざまなことが起こっていたのだ。

最終更新:2020/11/15 07:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真