日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 武井咲「まだ需要あった!」テレ朝のオファーにオスカーはどう出る?

武井咲、3年ぶりドラマ復帰に、「まだ需要あった!」テレ朝の続編オファーにオスカープロモーションはどう出る?

文=田中七男

武井咲、3年ぶりドラマ復帰に、「まだ需要あった!」テレ朝の続編オファーにオスカープロモーションはどう出る?の画像1
武井咲

 武井咲が主演し、7日に放送されたスペシャルドラマ『黒革の手帖~拐帯行~』(テレビ朝日系)は10.8%(ビデオリサーチ調べの世帯平均視聴率、関東地区・以下同)と及第点の視聴率をマークし、まだまだ需要があることを示した。

 2017年にEXILE・TAKAHIROと結婚した武井は、同年10月期の連ドラ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)の撮了後、産休に入り、18年3月に第1子を出産。その後は育児中心のスタンスで主にCMなどの仕事をこなし、女優業は封印していたが、テレ朝のオファーに応える形で3年ぶりにドラマ復帰を果たした。

『黒革の手帖』は松本清張氏の代表的な作品で、過去に山本陽子、大谷直子、浅野ゆう子、米倉涼子が主演して、4度ドラマ化された。17年7月期にオンエアされた際、武井はまだ23歳。主人公は銀座の高級クラブのママとあって、当時は「武井では若すぎる」との声も多かった。それでも、同作は平均11.4%の高視聴率を記録し、テレ朝は続編制作のプランを温めていたという。

 武井の出産、育児の関係で、それが延び延びとなってしまったが、3年のブランクがありながら、視聴率も2ケタで合格点。同局では早速、“連ドラ”でのシリーズ第2弾を制作すべく、武井側にアタックをかけるようだ。

「3年ぶりの女優業だったにもかかわらず、安定した演技で評価を高めたはず。結婚、出産、育児で人間的にも一回り成長できたのではないでしょうか。武井は19年12月で27歳になったばかりで、銀座のママ役を演じるには、それでもまだ若いのですが、今回そんなに違和感は覚えませんでした。ネット上では批判的な意見がほとんどなく、続編を期待する声が多々出ています。視聴者の期待に応えるためにも、テレ朝は当然動くでしょうね」(テレビ誌記者)

 ただ武井は、あくまでも育児を優先するスタンスを崩していないようで、今回は“特番ドラマ”だからオファーを受けたという。連ドラとなると、拘束される期間も長くなるだけに、事務所(オスカープロモーション)が本人を説き伏せられるかがポイントになりそう。

 そのオスカーでは米倉涼子、忽那汐里、剛力彩芽、草刈民代、岡田結実、森泉、堀田茜ら、有力タレントがごっそりやめて弱体化。テレビ局側から主演オファーがくること自体、もはやありがたい話。オスカーとしてみれば、“新エース”の小芝風花のゴリ押しを同局には許してもらっているだけに、この一件はなんとしても、武井を説得してまとめたいところ。

 果たして、武井版の連ドラ『黒革の手帖』第2弾は実現するか?

田中七男

最終更新:2021/01/13 19:00

武井咲、3年ぶりドラマ復帰に、「まだ需要あった!」テレ朝の続編オファーにオスカープロモーションはどう出る?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

菅野美穂の“バラエティ体幹”とリアリティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真