日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 武井咲『黒革の手帖』で女帝の座に

武井咲『黒革の手帖』SPドラマが決定? 米倉涼子なき苦境のオスカーで女帝の座に君臨か

文=日刊サイゾー

武井咲『黒革の手帖』SPドラマが決定? 米倉涼子なき苦境のオスカーで女帝の座に君臨かの画像1
テレ朝動画サイトより

 武井咲主演のドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)のスペシャル版の制作が決まったと、7月14日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。記事によると、子育て優先で仕事をセーブしていた武井は、当初オファーを頑なに断っていたが、所属するオスカープロモーションからの説得もありどうにか制作にこぎつけたようだ。

「2017年にEXILEのTAKAHIROと結婚した時は、“強行突破”などと言われてましたからね。結婚発表の時点で妊娠3カ月だったということもあり、結婚を許してくれないオスカーをねじ伏せるための妊娠だったとさえ言われていますよ。そういった経緯もあって、武井はつねに家族の時間を大切にしたいと考えているんです。実際、産休後は映画『るろうに剣心』の撮影には参加したものの、それ以外に目立った仕事はしていないですからね」(芸能記者)

 今回の『黒革の手帖』の撮影は、8月くらいに行われると見られているが、ドラマ制作会社関係者は次のように語る。

「連ドラではないので、撮影期間はそんなに長くはないでしょうが、これが終わったらまた武井は子育て中心の生活に戻るみたいです」

 大看板女優だった米倉涼子に退社されたオスカープロモーションとしては、次なる看板女優である武井に活躍してもらいたいところだろう。しかし、だからといって武井のスケジュールを仕事で埋めることもできないままでいる。

「武井はかなり意思が強く、ヘタにプレッシャーを与えると、何をしでかすかわからない。それこそTAKAHIROとの結婚も、事務所の意向を押し切っての決断でしたしね。もしもまた、オスカーが武井を馬車馬のように働かせようとしたら、今度は“退社”という選択もあるでしょう。オスカー的には、米倉に続いて武井までいなくなるのは最悪の展開ですから、どうにか武井のご機嫌をうかがいながら、少しずつ仕事をしてもらっているという状況です」(前出・芸能記者)

 また今回、人気シリーズである『黒革の手帖』に出演することで、武井の立場がさらに強くなりそうなのだという。

「オスカーやテレ朝としては、米倉の『ドクターX』のようなドル箱企画を確保しておきたい。ここで武井に『黒革の手帖』のイメージが定着すれば、新たなドル箱シリーズになるかもしれない。一方で、オスカーもテレ朝も『黒革の手帖』をやってほしさから、武井がより働きやすい環境を整えるしかなくなる。今回のスペシャルドラマ出演は、武井からのオスカーとテレ朝に対する“飴”みたいなものですよ。本来はオスカーが武井をコントロールしなくてはならないのに、武井がオスカーをコントロールしているような状況です」(前出・ドラマ制作会社関係者)

 米倉涼子が去ったオスカーでは、武井咲が新たな女帝として君臨しそうな気配だ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/16 12:00

武井咲『黒革の手帖』SPドラマが決定? 米倉涼子なき苦境のオスカーで女帝の座に君臨かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

国葬を岸田首相に進言した“ブレーン”の正体

今週の注目記事・第1位「『ENEOS独裁会長...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真