日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 米新大統領誕生もトランプ一色のワイドショー

玉川徹も沈黙! バイデン大統領誕生も日本のワイドショーではトランプネタばかりの違和感

文=和田靜香(わだ・しずか)

玉川徹も沈黙! バイデン大統領誕生も日本のワイドショーではトランプネタばかりの違和感の画像1
GettyImagesより

 日本のテレビって不思議ですよね~。バイデン新大統領が誕生したというのに、1番に取り上げるのは、去って行ったトランプ元大統領。日ごろはリベラル色出してるはずの『モーニングショー』(テレビ朝日系)までそうで、ビックリですよ。

 一応バイデン大統領のことも紹介するけど、ワシントンDCからの中継では「バイデン新大統領はトランプ支持者に融和を呼びかけました。しかし、大半のトランプ支持者は選挙に不正があったと捉えていて、こうした呼びかけがどこまで届いたか不透明です」と、いきなり否定から入る。

 そして羽鳥アナも「その後のトランプ氏は?」と尋ねる。えっ? そっち? 「その後」を知りたいのはバイデン大統領の方じゃないの? なのに、ワシントンDCからはトランプ・ネタのみで、スタジオに戻っても、またトランプ・ネタ。

 スタジオにはコメンテーターとして国際教養大学大学院客員教授の小西克哉氏を迎えた。

 小西氏は開口一番、
「大統領の就任式があって、大統領の就任演説があったのに、トランプさんの演説を伝えるってのは、この番組らしいなって思ったんですけど」
 と、あたりまえの疑問をぶちまけた。ほんと、それ~!

 でも、小西さん、実はテレビ朝日は早朝から延々とトランプだだ流しで、肝心のバイデンさんのことはあんまりやってないんですよ。一応政策解説はやってましたが、華々しくはトランプ推し。なんなんですかね、テレ朝? そして『モーニングショー』? トランプのようなオレ様節が好きなんですかあ?

 しかし、小西氏はめちゃくちゃ丁寧に、バイデン新政策を解説する。

「学校への支援、中小企業支援など、バイデン政権のコロナ対策はものすごく包括的で細かいです。ここまで書くか? ということまでルールを決めている。コロナに立ち向かおうという意識が見えてきます」

 そうそう、こういうことを伝えてほしい。なのに、どうしたってトランプ支持派の反バイデンにばかり話を持っていく。いつもはガアガア政策について吠える玉川徹さんも、

「トランプ元大統領の弾劾裁判が可決されたら、公民権がはく奪もありえるけど、そうはなりませんかね?」

 などと、そっちへ流れる。いやいや、玉川さん、あなたまでそっちですか?

 ワイドショーのこういう報道姿勢、日本にも大勢いる「あれは不正選挙だ。トランプ万歳」といまだトランプ支持でフェイクニュースを発信し続ける人たちの背中を押しているんじゃないのか。ちょっとは考えてほしい。

和田靜香(わだ・しずか)

和田靜香(わだ・しずか)

1965年生まれ。静岡県出身。主に音楽と相撲のライターで貧困問題やフェミニズムにも関心が高い。著書に『スー女のみかた~相撲ってなんて面白い』(シンコーミュージック)、『音楽に恋をして♪評伝・湯川れい子』(朝日新聞出版)、『おでんの汁にウツを沈めて~44歳恐る恐るコンビニ店員デビュー』(幻冬舎文庫)などがある。

最終更新:2021/01/21 14:00

玉川徹も沈黙! バイデン大統領誕生も日本のワイドショーではトランプネタばかりの違和感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載
インタビュー

日本人の歪んだ愛国心に未来は?

 昨年刊行された『日本国民のための愛国の教科書』(百万年書房)という本がある。タイト...
写真