日刊サイゾー トップ > 芸能  > ゆきぽよの自宅で男性が薬物使用発覚

ゆきぽよの自宅で男性が薬物使用発覚の余波 反社との交友で干されてしまう可能性も?

文=日刊サイゾー

芸能界の曖昧なコンプラ

「コンプラ重視の流れを考えれば、“反社と近い”ということでアウト。しかし、本人は何も悪いことをしていないし、関係を絶っていると話しているので、タレントの権利を守るという観点であればセーフ。判断が難しいですね。

 ただ、入江さんがあっさりクビになったのは、タレントとして需要がなかったからで、逆に兼近さんが許されたのは需要があったからだとも言われている。そういう意味では、現状たくさんの番組に呼ばれているゆきぽよさんは、いきなり消えてしまうようなことはないと思います。ただ、ゆきぽよさんに代わる女性バラエティタレントもたくさんいるので、安全策を取ってそちらを選ぶ番組が出てきてもおかしくはない。その結果、ゆきぽよさんの出番は少しずつ減っていくのではないでしょうか」(芸能記者)

 芸能界が“コンプラ重視”になったとはいえ、黒い交友関係に対するペナルティーに関しての明確なルールは存在しておらず、タレントたちは誰かのさじ加減ひとつで生かされたり殺されたりするのだ。もはや清廉潔白でないと、安心できないというこの現状に、怯えるタレントも少なくなさそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/01/24 09:00
12

ゆきぽよの自宅で男性が薬物使用発覚の余波 反社との交友で干されてしまう可能性も?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

印米中、常識破りのジャンクかた焼きそば

 シュプリームのコレクションに楽曲を提供し、...…
写真
インタビュー

オズワルド「M-1決勝に行けなかったら忘れられる」

 TBSラジオのネタ番組「マイナビラフターナイト」チャンピオン大会が、10月17日に...
写真