日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 坂上忍が蓮舫どストレート批判

坂上忍、顔をしかめて「自分の都合の悪いときは逃げる」「バイキング」メンバー総出で蓮舫批判!!

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

坂上忍、顔をしかめて「自分の都合の悪いときは逃げる」「バイキング」メンバー総出で蓮舫批判!!の画像1
今回ばかりは援護の声も…?

 28日放送の『バイキングMORE』で27日の参院予算委員会で菅義偉首相と立件民主党の蓮舫代表代行が新型コロナウイルスの医療提供体制をめぐって激しい応酬を繰り広げたことを取り上げた。

 蓮舫氏が菅首相に自宅療養中に亡くなった人たちの思いを聞くと菅首相は「そこは大変申し訳ない思いであります」と陳謝した。

 これに蓮舫氏が「そんな答弁だから言葉が伝わらないんですよ。そんなメッセージだから国民に危機感が伝わらないんですよ。あなたには総理としての自覚や責任感、それを言葉で伝えようとするそういう思いはあるんですか?」と声を張り上げ詰め寄ると、菅首相は「少々失礼じゃないでしょうか」と反論した。

 このVTRを顔をしかめて見ていたMCの坂上忍は、薬丸にコメントを求めた。

「まあ、もちろん蓮舫さんのトーンで国民には伝えていただきたいと思うんですよ」と、薬丸が菅首相に常日頃から番組を通して求めている“国民への熱いメッセージ”が、蓮舫代表の声色にはあるとしつつも、「でも、やっぱり蓮舫さんもちょっと言い過ぎじゃないかなっていう部分も感じました」と首をひねりながら話した。

 これに対し坂上は「僕は正直失礼だなと感じました。あの言い方はね」と蓮舫氏をきっぱりと批判。「それ以前に総理は医療体制整えられなかったことに対し謝罪されてますし、ああいった形での追い打ちのかけ方って言うのは理解に苦しむんだけど」と声を低くして指摘した。

 坂上に話を振られた松嶋尚美は「総理に対して、国民の不満を言う係なんだろうけど、なんかいややなって。正直思った」と率直な感想を述べた。坂上はこの“言う係”に反応。「係なのは国民の皆様わかってるんだろうけど、この人をまた係にした意味がわからない」と批判。蓮舫氏が18日に、菅首相の施政方針演説の原稿の一部を、ツイッターに演説前に掲載したことに話題をうつした。

 蓮舫氏はこの投稿を削除したが謝罪がないことに対し坂上は「自分の都合の悪いときは逃げて、人のはあんな芝居がかった追い込み方するって、あんなの野党も駄目だわ、本当!」と言い捨てた。

 ネット上ではこの坂上の蓮舫批判に「坂上どうした?」「どうしたの? 蓮舫叩きだしたぞ」「めずらしく坂上はいいこと言ってる」という声が上がっていた。

 いつもは「対応が後手にまわってる!」と政権批判している坂上だが、蓮舫氏の言動には許せなかったのだろうか、珍しく菅首相を擁護する姿が見られた。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/01/28 21:00

坂上忍、顔をしかめて「自分の都合の悪いときは逃げる」「バイキング」メンバー総出で蓮舫批判!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

菅義偉首相「専門家が対策をやらないから」と“逆ギレ”

今週の注目記事・第1位「テレ朝斎藤ちはるアナ...…
写真
インタビュー

舐達麻コンプラ無視の“超”大麻論

──ここ数年、日本でもっとも話題のラッパーといえば、舐達麻の3人をおいてほかにはいない。...
写真