日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『ラヴィット!』の致命的な“センスのなさ”

麒麟・川島MCの『ラヴィット!』発表も懸念されるTBSの致命的な“センスのなさ”

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

麒麟・川島MCの『ラヴィット!』発表も懸念されるTBSの致命的なセンスのなさの画像1
所属事務所ウェブサイトより

 TBSが3月で終了する朝の情報番組『グッとラック!』の後番組MCをお笑いコンビ『麒麟』川島明が務めると発表。番組名は『ラヴィット!』で川島の相方・田村裕と同じ名前の田村真子アナがサブMCとなるようだ。

「川島のMC抜擢に関しは『週刊文春』(文藝春秋)がいち早く報じていますが、その1週間後に共演した東野幸治がこの件をツッコんだところ、川島は『そんな話も来てない。噂のネットニュース・フェイクニュースなのに、世の中の人、マスコミが騒いでる』と否定したといいます。東野は川島と同じ吉本芸人の加藤浩次が『ラヴィット!』の裏番組『スッキリ』(日本テレビ系)でMCを務めていることで、2人の“潰しあい”を煽り立てていましたから、川島も心を開いていなかったのかもしれません。『ラヴィット!』がニュースを扱わない番組とはいえ、情報番組のMCとして、嘘をついて『文春』を誤報扱いしていたことは、メディア関係者からの心証はよくないですね」(週刊誌記者)

 新番組への不安があるのは当初、川島のパートナーはタレントのSHELLYが務めると報じられていたこと。

「『文春』報道では番組の企画書にはSHELLYの名前が記されていたといいますが、どうやら断られていたようです。とはいえ、二児を子育て中の母親である彼女に朝の帯番組の話を持っていく時点でTBSの感覚はすこしズレているとも。また『ラヴィット!』は“お気に入り”を意味する英語”Love it”からきていますが、フジテレビの情報番組『Live News イット!』と酷似しており、二番煎じ感が漂っています。こうしたセンスの番組スタッフが、視聴者の気に入る情報を提案できるのか大いに心配です」(テレビ誌ライター)

 川島のボイスよろしく、視聴率も低くなってしまわなければいいが……。

最終更新:2021/02/02 20:08

麒麟・川島MCの『ラヴィット!』発表も懸念されるTBSの致命的な“センスのなさ”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

「Twitterでバズっても…」短歌ブームの裏側

 文芸単行本の初版2000部も当たり前に...…
写真