日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 麒麟・川島明、『グッとラック!』MC内定

麒麟・川島明、『グッとラック!』後番組MC内定で気になる「消えた相方」田村裕は今?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

麒麟・川島明、『グッとラック!』後番組MC内定で気になる「消えた相方」田村裕は今?の画像1
コンビとしての麒麟(所属事務所プロフィールページより)

「相方」はこのニュースをどんな気持ちで知ったのだろうか。

 立川志らくが司会を務める朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)が今年春で終了することが発表されているが、新番組の司会に、お笑いコンビ『麒麟』の川島明が内定していることを1月7日の「週刊文春」(文藝春秋)が報じている。

「文春によると、サブ司会にはタレントのSHELLYが内定。20歳から49歳までの『アクティブ主婦』をターゲットにした情報番組になるといいます。内部資料に書かれていたという企画案を見るかぎり、目新しさはなく、“死の枠”を立て直せるかは懐疑的です。『グッとラック!』は2020年10月からロンドンブーツ1号2号・田村淳やNON STYLE・井上裕介が投入していましたから、新番組でも吉本芸人の起用が予想されていました。しかし、裏番組でも加藤浩次や博多華丸大吉が出演しており、朝から吉本芸人だらけとなることにうんざりした人も多い」(テレビ誌ライター)

 ネット上でも「川島さんは低くて癖のある声なので、朝の情報番組のMCには不似合い」と、辛らつな感想が目立つが……。

 一方、川島が帯番組のMCを務めることでクローズアップされたことで注目されそうなのが、「消えた相方」田村裕だ。07年には著書「ホームレス中学生」(ワニブックス)のヒットで一躍時の人となったものの、現在のレギュラー番組は関西ローカル1本、衛星放送2本とすっかりテレビで見かける機会が減っている。

「田村は学生時代にバスケをしていて、プロ試験を受けたことがあるほどの実力。現在は社会人バスケットチームに所属したり、3人制バスケチームのオーナーを務めたり、ユーチューバーとしてバスケ関連の動画を投稿したりと、バスケ三昧の日々を送っています。そんな彼がテレビに出なくなった要因の一つと思われるのが、19年に『フライデー』(講談社)で報じられた元暴力団員との2ショット写真。相手は逮捕歴があり、上半身が刺青で覆われていたにもかかわらず、田村は笑顔でピースサインをしていました。田村いわく、面識のない男だったとのことですが、反社とのつながりはテレビ局が最も恐れるところですからね。2億円といわれた著書の印税も税金や寄付で完全に底をついているようで、現在は知人がやっている店でバーテンダーのバイトもしているようです」(放送作家)

4月以降は、「じゃないほう芸人」として今以上に肩身の狭い思いをするかもしれない。

最終更新:2022/12/16 16:55

麒麟・川島明、『グッとラック!』後番組MC内定で気になる「消えた相方」田村裕は今?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

のん、地上波復帰の陰に…

 民放テレビ界から干され続けている女優・のん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真