日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > SixTONES髙地の発言に呆れ顔

SixTONES・髙地優吾、『今夜はナゾトレ』のおバカ発言にくりぃむ・上田も呆れ顔!?

文=日刊サイゾー

『今夜はナゾトレ』フジテレビ公式サイトより

 2月2日に放送された『今夜はナゾトレ』(フジテレビ系)にSixTONESの最年長メンバーである髙地優吾が出演。初めての出演に人一倍やる気を見せていた髙地だが、天然発言の連発で思わぬ“黒歴史”を生むこととなった。

 番組の定番となっている「ミリオンヒット曲の歌詞当てクイズ」では、出演者たちが曲を口ずさみながら、回答していくスタイル。星野源の『恋』の歌詞を答えることになった髙地は「胸のなかにあるもの、いつか見えなくなるもの、それは側にいること いつも思い出して」と正答するが、その音程がどうにも調子はずれ。とても歌って踊るアイドルとは思えない髙地の音痴っぷりにスタジオは苦笑いだった。

 続く「インベーダーの漢字に一文字つけて熟語を作るゲーム」でも髙地は、「合」の漢字に「混」をくっつけて「ゴウコン!」と自信満々に答え、盛大に答えを外す。あまりの天然っぷりに、お笑いコンビ・タカアンドトシのトシからは「すげえな、とんでもねえのがあらわれた」、またお笑いタレントの柳原可奈子からは「おい、何やってんだ!」と突っ込まれていた。

 結局、最後まで見せ場を作ることができなかった髙地。MCのくりぃむしちゅー・上田晋也から「髙地さん、初めて出演してどうだった?」と聞かれると「最初で最後の出演になりそうです」と意気消沈。上田も苦笑いで「でしょうね」と締めくくった。

 活躍の場こそゼロだったものの、元々髙地はSixTONESのなかでも天然のいじられキャラ。今回のボケにも「髙地くんは、ポンコツと職人と天然のバランスが最高に天才的なんだよな」「髙地がナゾトレで最初で最後って言った時めちゃくちゃ声出して笑っちゃった」「最後のコメントでも爪痕を残しNAVIGATOR上田さんのツッコミと笑顔のアップを勝ち取った髙地優吾さすがすぎます」など、ファンは大満足の様子。

「SixTONESがどんどんバラエティ番組に進出するようになって、ファンに新しい一面を見せるようになったメンバーも増えてきました。髙地のほどよいゆるさは、何も難しいことを考える必要がなく、平日の夜に癒されると評判のようですね」(芸能ライター)

 嵐が活動休止になり早1カ月。次のバラエティ番組を担うジャニーズグループはSixTONESなのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/04 06:00

SixTONES・髙地優吾、『今夜はナゾトレ』のおバカ発言にくりぃむ・上田も呆れ顔!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

新堂冬樹が語るBLと作家姿勢

 インターネットの発展に伴い、人々の娯楽が多様化していったこともあり、出版業界は90...
写真