SnowManよりSixTONES?ジャニーズ内序列が確定的…タッキーも焦り?

SnowManよりSixTONES?ジャニーズ内序列が確定的…タッキーも焦り?の画像1
SnowManウェブサイトより

 嵐の活動休止を迎え、ジャニーズ事務所が社運をかけているのがSnowManとSixTONESの売り込みだ。

「King & Princeを嵐のバーターで大々的に売り込んだのですが、永瀬廉も少し注目を受けましたが、結果としては平野紫耀としかブレイクできていない。かつてのKis-My-Ft2やHey! Say! JUMPのように、グループとしての売り込みを完全に失敗しました。もちろんジャニーズ好きの固定ファンはキンプリにもついているのですが、嵐の代わりになるようなグループとしては今後も目処が立っていない状況です。ジャニーズはSnowManとSixTONESは個人活動よりもグループでの活動を重要視して、キンプリの二の舞にならないようにしていくそうです」(民放関係者)

 そんな願いがかなってか、去年の紅白歌合戦に二組とも初出場となった。しかし、Snow Manはメンバーの宮舘涼太が新型コロナに感染したことで、紅白を辞退することになってしまった。

「ジャニーズといえども、新人グループが全国放送のNHKに出演することは難しい。紅白は絶好のお披露目の場となるのですが、それが幻となった。また、宮舘の感染が発覚したことで、NHKではほかのジャニーズグループを出場させるかどうか、ギリギリまで検討したようです。今回は出場グループだけでなくスタッフも含めて、あらためてジャニーズサイドに全員のPCR検査を要請したようで、かなりの大事になりました」(同)

 猛威を奮っている新型コロナだけに宮舘だけを攻めるわけにいかないと思うが、事情は違うようだ。

「宮舘は事務所から年末まで仕事以外での自宅待機を命じられていたようですが、知人のモデルと飲みに出歩いていたとの報道がなされてしまいました。記事ではそれが感染の原因ともされていましたが、事実は確認できなかったとのこと。ただし、Snow Manをプロデュースする滝沢秀明氏が聞き取りをして、疑われても仕方がない言動や振る舞いがあったようです。当然滝沢氏は激怒し、ジャニーズの幹部からも『軽率すぎる』との声が上がっていました」(週刊誌記者)

 結果的には、証拠不十分で報道した出版社が謝罪し、宮舘自身も病状が回復して復帰を果たしている。

 そんなお騒がせSnow Manを尻目に、SixTONESは着実にスターの階段を登っていっている。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed