日刊サイゾー トップ > 社会  > 楽天モバイル、基地局倍増は吉か凶か

楽天モバイル、大一番の賭けに出た!? 基地局倍増は吉か凶か

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

楽天モバイルが大幅な方針転換を打ち出している。現在意欲的に基地局を増設している楽天モバイルだが、当初の計画から前倒しで「2021年夏に人口カバー率96%を目指す」としていた計画をさらに見直し、カバー率の目標値は変えずに基地局をさらに増やして“電波の密度を高める”ことを発表したのだ。4大キャリアのうち最も後発でいまだに他キャリアに居候もしている状態の楽天モバイルだが、この方針転換は何を目的としているのだろうか。
今回は、“キャリア2年目”を迎える楽天モバイルの成長戦略について考えていきたい。

大きな軌道修正を図った楽天モバイル

 計画の再見直しが明らかにされたのは、2月12日の決算会見だ。楽天モバイルの人口カバー率の目標値とその到達時期を、キャリア事業参入当初には「2026年に人口カバー率96%を目指す」としていた。しかし2020年にこのカバー率の時期が5年間前倒しとなることを発表、2021年夏に到達するという見込みを示したのだった。重ねて、今回の会見ではさらにカバー率を据え置きしたまま、基地局の数を当初計画の2万7,397局から4万4,000局へと大幅に増加させるとい…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/02/25 12:30
関連キーワード

楽天モバイル、大一番の賭けに出た!? 基地局倍増は吉か凶かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

「なんかちょっと不幸そう」な田中みな実

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

8歳から内職、経験職種は100種類…作家「爪切男」

 デビュー作『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)で自分の愛した女性たちを描き、ドラマ化さ...
写真