日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > スタンダップコメディを通して見えてくるアメリカの社会  > 森喜朗氏の女性蔑視発言が海外でもいじられている!
スタンダップコメディを通して見えてくるアメリカの社会【16】

森喜朗氏の女性蔑視発言がアメリカ人気コメディ番組で早速ネタに…性差別への痛烈な皮肉

文=Saku Yanagawa(サク・ヤナガワ)

性差別発言を女性目線から打っちゃい返す巧さ

 17年、ひとりの会社員女性がツイッターで「hepeated」ということばをつぶやき、それが拡散し話題になったのだ。

 この「hepeated」とは男性を表す三人称「He」と、「繰り返す」の「Repeated」を合わせたことば。つまり、会議で女性の発言やアイディアは無視されるのに、数分後にそれとまったく同じ内容を男性が言うと、あたかもその男性の発案かのように採用されていくという「性差別」の現状に声を上げたものだった。それが瞬く間に共感を呼び、一時のトレンドにまでなったのだ。

 そんな「女性目線」からの言葉をあえてトレバー・ノアが引用してみせたことはおもしろい。そこには、こうした性差別への問題意識が希薄で、森喜朗の発言をも擁護しようとする層への、痛烈な皮肉が込められているのではないかとさえ思う。

 政治というセンシティブな内容を連日ジョークにしてみせるトレバー・ノア。

 ポスト・トランプ時代を迎えた今、「アメリカの顔」となったトレバー・ノアはどのように政治と、そしてアメリカと向き合い、笑いに変えていくのだろうか。

<トレバー・ノア>
南アフリカ出身のスタンダップコメディアン。母国でスタンダップコメディをはじめ人気を博すと、11年に拠点をアメリカに移す。コメディ・セントラルの人気番組『ザ・デイリー・ショー』のホストに抜擢され15年から出演を続ける傍ら、スタンダップコメディの舞台にも精力的に立ち、19年は日本ツアーも行なった。

Saku Yanagawa(サク・ヤナガワ)

Saku Yanagawa(サク・ヤナガワ)

米シカゴを拠点に活動するスタンダップコメディアン。年間300本以上のステージに立ち、米以外でもこれまで10カ国以上で公演をしており、2018年にはワールドツアーを敢行。各国で開催されるフェスにもヘッドライナーとして多数出演。日本ではフジロックやビルボードに出演。

Instagram:@saku_yanagawa

【Saku YanagawaのYouTubeチャンネル】

最終更新:2021/02/27 21:00
12

森喜朗氏の女性蔑視発言がアメリカ人気コメディ番組で早速ネタに…性差別への痛烈な皮肉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

オードリー若林、ラップを粗品に褒められ喜び

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

井筒和幸×松本利夫(EXILE)『無頼』対談

閉塞的な社会にパッチギ(頭突き)をかまそうとする若者たちを主人公にした『パッチギ!』...
写真