日刊サイゾー トップ > 社会  > LINE、緊急時の連絡手段で利用率1位に

LINE、緊急時の連絡手段で利用率1位に! しかし世代間では大きなギャップも

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

いまや若者だけではなく、大多数の人にとっても無くてはならない連絡手段となっているコミュニケーションアプリ「LINE」。そんなLINEの圧倒的な利用率が、ある調査からあらためて明らかに。その調査の結果によれば、災害時の連絡手段でも、LINEのメッセージ、電話による通話を利用する人は圧倒的多数という結果になったようだ。災害時でもLINEの存在感が発揮されていることもわかったが、他にも「メールを利用する人は年齢層が高い」こと、「SNSのDMを利用する人は若年層に多い」といった傾向も見えてきた。この統計を見るに、地震といった大規模災害など何か起きた際に世代間で連絡手段のギャップが生まれる可能性もあるかもしれない。
今回は、災害時の連絡手段などについての調査を追いたい。

メールや災害用伝言ダイヤルの利用は年齢層が高い

 LINEリサーチが、日本全国の15歳〜59歳の男女を対象に緊急時の連絡方法や、職場・学校・自治体などの対応方法について調査を実施したと発表。災害などの緊急時、家族や友だちとお互いの状況を確認するときの連絡方法について、こちらの総合1位は「LINEのメッセージ」で…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/02/28 10:30
関連キーワード

LINE、緊急時の連絡手段で利用率1位に! しかし世代間では大きなギャップものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

芸能界のドンが有吉を潰さなかった理由

 人気バラエティタレントの有吉弘行と、フリー...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真