日刊サイゾー トップ > 芸能  > コロナで窮地のホリプロ「ボートレース」に活路

ホリプロがコロナで窮地? ギャラが高い「ボートレース仕事」に活路を見出す

文=浜松貴憲(はままつ・たかのり)

ホリプロがコロナで窮地? ギャラが高い「ボートレース仕事」に活路を見出すの画像1
「ホリプロボートレース部」ボートレース多摩川 公式YouTubeチャンネルより

 コロナ禍で大ダメージを受けたエンタメ業界。そんななか、芸能事務所が新たな金脈として狙いをつけているのが、公営競技だという。

「ボートレースや競輪などの公営競技は、どうにかしてイメージアップを図りつつ、売り上げを伸ばしたいという思いが強く、そのためにタレントを起用した企画に積極的なんです。できるだけ有名タレントを起用したいということもあり、他の仕事よりもギャラがいいということが多い。芸能事務所にとって公営競技関連の仕事は“おいしい”ということです」(芸能事務所関係者)

 そんななか、老舗芸能事務所ホリプロが、「ホリプロボートレース部」なるものを立ち上げ、ホリプロ所属のタレントに多摩川ボートレースの予想をさせるYouTube動画を配信している。

「『ホリプロボートレース部』は、解散したアイドルグループ『バニラビーンズ』のレナがMCを務める生配信動画です。レナは古舘プロジェクトの所属なんですが、配信にはホリプロの若手芸人やグラビアアイドルなどが部員として登場し、予想をするんです。そのうえで、配信の最後の方に丸山桂里奈、河西智美、島田秀平など、テレビなどで見る機会のあるホリプロ所属の人気タレントが、ゲストとして登場するという形です」(ボートレースに詳しい週刊誌記者)

 これまでも、ホリプロのタレントがボートレース関連の仕事をすることは、いくつかあった。

「武田修宏がBSフジのボートレース中継番組のMCをやっていたこともあったし、スピードワゴンの井戸田潤もボート関連の番組によくゲスト出演しています。ホリプロとしても、ボート仕事の旨味をしっかり理解していたのでしょうね」(同)

 コロナ禍で売り上げが落ちてしまったホリプロ。所属タレントの給料システムを変更するなど、なかなか厳しい状況にあるようだ。

「ホリプロのギャラは、仕事量に関わらず、社歴が長くなるほど月給が上がっていく年功序列の給料制と言われていたんですが、それが最近、歩合制に切り替わっているとのこと。仕事が多いタレントはそれでもいいのでしょうが、そうではないタレントはまったくギャラがもらえなくなってしまうわけです。

 そういったタレントを救済する意味もあって、いろいろと“旨味”のある仕事に食いついているのでしょうね。ホリプロ以外にも、公営競技の仕事に食い込んでくる芸能事務所はどんどん出てくると思います」(同)

 妙に豪華なタレントが、ボートレースや競輪の仕事をする未来も近そうだ。

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

最終更新:2021/03/02 22:00

ホリプロがコロナで窮地? ギャラが高い「ボートレース仕事」に活路を見出すのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真