日刊サイゾー トップ > 芸能  > ミキ・亜生 本格的に役者の道も?

ミキ・亜生『オー!マイ・ボス!』わずかな登場でも話題を生む好演っぷり…本格的に役者の道も?

文=東海林かな(しょうじ・かな)

『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』公式サイトより

 『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』(TBS系)の好演が、名脇役への第一歩になるかもしれない。そんな気配を感じさせてくれるのが、お笑いコンビ・ミキ亜生だ。同じTBS系で2020年に放送されていた『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)では、相方で兄の昴生が主演の上白石萌音と共演しており、最終話では自身もゲスト出演。役者歴は2019年からとまだまだ浅いが、意外な好演を見せて『ボス恋』のいいスパイスになっている。

 『ボス恋』で亜生が演じるのは、鬼編集長・麗子(菜々緒)の弟でカメラマンの潤之介(玉森裕太)のアシスタント・尾芦一太(おあしいちた)役だ。尾芦は『ボス恋』の中でも癒しキャラ的な立ち位置で、毎回の出演時間は短いながらもSNS上では「亜生かわいい」と評判が高い。また潤之介のアシスタントということで、潤之介と奈未(上白石)、理緒(倉科カナ)の三角関係を見守るポジションにあるため、視聴者の心の声を代弁しているかのようなセリフも多い。第7話でも、潤之介を訪ねてきた理緒との会話をこっそりと覗き見。理緒に「本当はまだ好きなんだよ、潤ちゃんのこと。(中略)だから、潤ちゃんに優しくされるとつらい」と言われる潤之介を見て、「そんなん言われたら、潤さんもツラいよなあ」と陰で泣いてしまうシーンには、共感の声が上がった。

 感受性が高く、ファッション業界で働く役どころでありそれなりにオシャレ、性格的にも愛嬌のある役どころは順調に女性ファンを増やしている。もともと、亜生は女性人気が高い芸人だ。ドラマを見ていてもわかるようにちょっとぽっちゃりとしている亜生だが、以前はもう少しスマートで健康的な体格をしていたこともあり「イケメン」「かわいい」と言われることも。女性関係にオープンな一面もあるが、あけっぴろげなところも親しまれやすい一因なのかもしれない。

 先日の第7話放送後、この回で最高の男っぷりを見せた中沢(間宮祥太朗)に対して亜生のTwitterが「遅くなったけど。認めるしかない。中沢、カッコええんかい。」「まぁ、負けへんけどな。」とツイートすると、そこに間宮祥太朗が「『恋って、勝ち負けなのかな?』」と潤之介のセリフを使ってリツイート。仲の良さそうなやりとりから、共演者との良好な関係性も見えた。

 他のキャラクターに比べると登場シーンは少ないが、2019年に役者デビューしてから今回の『ボス恋』での連ドラ出演、さらに2月には映画初出演作品となる『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~「同度のカノン」』が公開されるなど、役者としてのフィールドを順調に広げてきている亜生。今後彼自身が望むなら、人気のある尾芦役を足がかりにして、名脇役を目指す道も十分にありそうだ。

■番組情報
火曜ドラマ『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』
TBS系/毎週火曜日22時~
出演:上白石萌音、菜々緒、玉森裕太、間宮祥太朗、久保田紗友、亜生(ミキ)、秋山ゆずき、太田夢莉ほか
脚本:田辺茂範
演出:田中健太、石井康晴、山本剛義
プロデュース:松本明子
音楽:木村秀彬
主題歌:Kis-My-Ft2 「Luv Bias」(avex trax)
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/BOSSKOI_tbs/

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2021/03/02 17:30

ミキ・亜生『オー!マイ・ボス!』わずかな登場でも話題を生む好演っぷり…本格的に役者の道も?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

ハライチ澤部が「朝食バイキング」愛を熱弁!

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真