日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ミキ昴生の暴露に大ブーイング

ミキ昴生、弟・亜生の彼女から罵倒された過去明かすも大ブーイングが集まったワケ

文=日刊サイゾー

吉本興業公式プロフィールより

 2月11日放送の『ダウンタウンDX』(読売テレビ・日本テレビ系)で、お笑いコンビ・ミキの昴生が明かした、弟・亜生の彼女とのエピソードに批判の声が上がっている。

 この日、番組では「芸能人兄弟&姉妹SP」を放送。芸能界の兄弟が集結し、トークを繰り広げていたが、そんな中、「お互いの恋愛事情を共有するか」というトークテーマで話を振られた亜生は、「僕は査定がありますね」と、彼女ができたら昴生からの判定を受けなければならないことを告白。「彼女を家に連れて行くと、必ず『亜生に合ってる彼女か』って」と判定されると明かした。

 昴生によると、「亜生は次男でちょっと弱いところもあるんで、芯の強い子がいいなって、試す」とのこと。査定の方法は目の前でその彼女の悪口を言って反応を確かめるものだといい、スタジオを驚愕させていた。

 そんな中、昴生はある時の亜生の彼女を「変だった」と指摘。実家にその彼女がはじめて遊びに来た際、その日買った服の試着をしていたといい、昴生は、「亜生に『似合うかな』とかやってたんで、『似合うか、そんなもん! オカンが着たほうが似合うわ!』って言ってたんですよ」と暴言を吐いたことを暴露。また、暴言はそれだけに留まらず彼女が泣くまで昴生いわく「強めのツッコミ」を続けていたことを明かした。

 また、とうとう泣き出してしまった彼女に昴生は「この子だめだな、弱いな」と思いつつ暴言を続行。しかし、その彼女も彼女で当時売れない芸人だった昴生が着ていた緑色のパーカーを指差し、「低所得者の緑豚が!」と言い返してきたという。また、同席していた現在の昴生の妻は「さっきのちょっと許されへんな、緑豚だけは許されへん」と怒りをあらわにしたというが、昴生は「なんで低所得者許してるの……?」と困惑したことを告白。スタジオは苦笑いに包まれていた。

 しかし、この昴生の発言に視聴者からは、「言われて当然でしょ」「完全に昴生が悪いじゃん」「言われても仕方ないだろ」という声が集まっていた。

「昴生は当時の亜生の彼女がおかしいという口調で喚いていましたが、スタジオの空気はむしろ昴生にドン引き。亜生の彼女の選び方がおかしいというよりも、試すために初対面の女性に暴言を吐くという昴生の性格の悪さに大ブーイングが集まっていました」(芸能ライター)

 話自体も笑いが取れず、ただただ性格の悪さばかりが強調されてしまっていた。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/15 07:00

ミキ昴生、弟・亜生の彼女から罵倒された過去明かすも大ブーイングが集まったワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

「部落問題」を明るく語り合う実録映画

 マスコミタブーのひとつ、よく分からないから...…
写真
インタビュー

“戒め”から見出したスタンスの哲学

 サイプレス上野とロベルト吉野の3年ぶりとなるフルアルバム『Shuttle Loop...
写真