日刊サイゾー トップ > 社会  > ドコモ「ahamo」通話定額にこだわる理由

どうなるドコモ「ahamo」“通話定額”を残し続ける姿勢は好手か悪手か

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

ドコモの動向に注目が集まっている。2020年後半からキャリア各社が繰り広げる値下げ競争の中で、いち早く実を伴う値下げプラン「ahamo」を発表し消費者からの支持を得たドコモ。しかし年明け以降はau(KDDI)、ソフトバンク、楽天モバイルと新たな料金プランを次々と発表し、以降は各社が後出しジャンケンのようにライバルのプランを出し抜く設定変更を打ち続けている。そんな中でドコモが頑として貫いているのは、「通話定額」のオプション化を拒否する姿勢だ。
今回は、ドコモが通話定額にこだわる理由や、そのこだわりがもたらすであろう影響について考えていきたい。

5分通話無料を残し続けるドコモ「ahamo」

 ドコモがahamoを発表したのは2020年の12月3日。当初から“20GB・2,980円(税抜)の1プランのみ”という「細かい割引の条件などを極力なくしたシンプルな料金プラン」をコンセプトに掲げ、様々なオプションや割引条件が氾濫するスマホの料金体系に新たな風を吹き込んだ。契約を選ぶときに迷う余地を無くした戦略は世間からも高く評価され、発表直後からメディアやユーザーからも好意的な反応が…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/03/07 09:30

どうなるドコモ「ahamo」“通話定額”を残し続ける姿勢は好手か悪手かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

米倉涼子、次は学園モノで教師役?

 昨年3月、27年間所属していた大手プロ「オ...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真