日刊サイゾー トップ > 社会  > 桃鉄、「世界のアソビ大全51」に抜かれ3位

Nintendo Switchソフト年間売上ランキング、なんと「桃鉄」を抑えて2位はあのジャンル?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

おうち時間の普及に伴い、ゲームの売上も軒並み向上している昨今。大手ゲームメーカーの任天堂は2月1日、「2021年3月期 第3四半期 決算短信」で「Nintendo Switch」の累計販売台数が7,987万台に達したと発表した。巣ごもり需要の増加による結果だろう。
中でも注目したいのは、任天堂が公開した2020年の年間ダウンロードランキングだ。3位が、2020年11月19日に発売された「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」。1988年に発売されて以来、今なおファンに愛されている根強い人気シリーズだ。2位は「世界のアソビ大全51」に。ニンテンドーDSで3作品がリリースされていた同商品は、ボードゲームやカードゲームを、ゲーム初心者でも楽しめるのが特色である。ゲームの豊富さもユーザーの人気度を上げるひとつの理由と言えるだろう。最近ではボードゲームの需要も増えてきているが、ゲームの利便性と遠く離れた人とも通信できる気軽さから世界のアソビ大全51がボードゲーム以上に好評を集めているようだ。
では、そうした2作品を差し置いて1位となったのは…?

不動の人気!1位はあつまれ どうぶつの森

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/03/08 12:30

Nintendo Switchソフト年間売上ランキング、なんと「桃鉄」を抑えて2位はあのジャンル?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

“青春の痛み”描く、藤井道人プロデュース作

 青臭くて、ひとりよがりで、あまちゃんで、心...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真