日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > コロナ禍で誕生した“人気スポット”

取材する側とされる側のニーズが見事に合致? コロナ禍で誕生した思わぬ“人気スポット”

文=木村之男

取材する側とされる側のニーズが見事に合致? コロナ禍で誕生した思わぬ人気スポットの画像1
『MIYASHITA PARK』(公式サイトより)

 コロナ禍で苦況に立たされているのは、華やかに見えるテレビ界も同じ。番組制作に制約が生まれるなか、思わぬ“人気スポット”が誕生している。

 マスク姿が当たり前になり、人との距離を気にするのが常識となったコロナ下の2021年。一時はGoToトラベルが実施されるなど、外出への抵抗感が減った時期もあったが、テレビの制作現場は再び緊張状態に逆戻りしている。

「民放のゴールデンタイムは、撮り溜めが尽きた2月以降、総集編やすでに放送した番組を再編集したものばかりです。旅番組も一時はフェイスガードが定着しかけましたが、フェイスガードはほとんど意味がないことがわかり、マスクをしたり、急遽ドライブ企画に変更したりと、こちらも制約だらけ。そこで人気なのが“衝撃映像”と“大食い”で、どの局も似たりよったりの番組編成になっています」(テレビ情報誌記者)

 限られた条件の中でも面白いものを作るのがクリエイターのプライドだが、「コロナで広告収入はガタガタ」(キー局関係者)だとか。そんななか、あまり予算をかけずにできるのがロケ中心の情報番組や散歩番組だが、行く場所は似たりよったりになっているという。

「撮影が“密”になったり、人が集まって“密”を生むような状況になれば即炎上なので、とにかく優先されるのは人がいないことです。そんななか重宝されているのが、集客に悩む商業施設。中でも、コロナ騒動の真っ最中にオープンした湾岸地区の『有明ガーデン』、渋谷の『MIYASHITA PARK』、JRの高架下の『日比谷OKUROJI』は、“人がいないので撮影しやすい”と、テレビマンの間で人気になっています」(情報番組制作関係者)

 かたや集客に悩み、かたや人がいない場所を求め……結果としてニーズが合致し、相次いでテレビで取り上げられているのだとか。新たに誕生したスポットを紹介するのは不自然ではないが、そこには“大人の事情”も絡んでいる。

「『有明ガーデン』は住友不動産、『MIYASHITA PARK』は三井不動産、『日比谷OKUROJI』はJR東日本。手がけたのはどこもテレビ局にとって“超”が付く大切なスポンサーですから、いくら取り上げても“やりすぎ”ということはありません。コロナが収まるにはまだ時間がかかりそうですし、これからもしばらくは番組で見かけることになると思いますよ」(前出・情報番組制作関係者)

 ゴリ押しされるのは“人”だけではないようだ。

木村之男

木村之男

1972年生まれ、東京都出身。大学時代にライターとして活動し始め、出版社~編集プロダクションを経てフリーに。芸能・カルチャー・テレビ・広告業界などに精通する。趣味はテレビに映った場所を探し出して、そこに行くこと。

最終更新:2021/03/10 11:00

取材する側とされる側のニーズが見事に合致? コロナ禍で誕生した思わぬ“人気スポット”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

囲碁将棋が体現「ポストM-1時代」のブレイク

「芸人で囲碁将棋つまんないっていう人は1人もいないんで」「重要無形文化財」「わからな...
写真