日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > TBS『モニタリング』に呪術廻戦ファンが猛クレーム「イメージ壊れる」「作品で遊ぶな」
モニタリングに呪術ファンが抗議

TBS『モニタリング』に呪術廻戦ファンが猛クレーム「イメージ壊れる」「作品で遊ぶな」

文=日刊サイゾー

『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』TBS公式サイトより

 3月18日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で、人気作品『呪術廻戦』のファンが激怒する企画があった。

『週刊少年ジャンプ』の人気作品で、現在はテレビアニメも放送されている『呪術廻戦』。多数のファンを抱えている作品だが、この日番組ではその『呪術廻戦』とコラボ。A.B.C-Zの河合郁人、お笑いトリオ・3時のヒロインかなで、お笑いコンビ・エイトブリッジの別府ともひこが参加し、「もしも監督から無茶な演技指導を出されたらドッキリだと気付くのかどうか」という設定で「ニセ声優オーディション」が開催された。

 新キャラオーディションとして呼び出された3人だが、オーディションでは既存キャラのアフレコを行うことに。その中で問題となっているのは、メインキャラのひとりで、大人気キャラの伏黒恵のアフレコ。挑戦したのは別府で、3つのセリフを言うことになったが、監督からは「3つそれぞれ違う感情出してみようかと、空腹、満腹、眠気の3つの感情を出してアフレコするよう指示された。

 この指示を受け、別府は台本のセリフもそこそこに、「ああ……腹減った」とアドリブ。バトルシーンにも関わらず、“満腹”の部分では「お腹いっぱーい!」とストレートに言う始末。最終的には「本気でやってやるよ」といったセリフを途切れ途切れに眠そうに話したが、最後には「やってやるよ~ん」とふざけ、ほぼまともにセリフを言うことはなかった。

 このアフレコに一部『呪術』ファンからは、「伏黒のキャラ崩壊は許せない」「イメージ壊れる」「作品で遊ばないで!不快になった」という怒りの声が集まっていた。

「実はこのアフレコに怒っていたのは、『伏黒推し』『伏黒ガチ恋勢』と言われるファンたち。作品もとい、キャラにかなりのめり込んでいるファンで、本来の伏黒のクールなイメージが崩されたことに不快感を覚えてしまったようです。とはいえ、ほかのファンからはバラエティで『呪術』を扱ったことに対する喜びの声も聞かれており、反応が真っ二つに分かれたようです」(芸能ライター)

 単なるドッキリ企画ではあるものの、怒りを覚えたファンも少なくないようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/03/22 09:00

TBS『モニタリング』に呪術廻戦ファンが猛クレーム「イメージ壊れる」「作品で遊ぶな」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

続々コンサート引退のなぜ

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

“休業”を経験する芸人2人の語り

 2019年2月から現在まで産休・育休に入っ...…
写真