日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 岡田准一の過去に「さすが」の声

V6・岡田准一、『モニタリング』で披露したトンデモエピソードに「さすが」の声が出たワケ

文=日刊サイゾー

『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』TBS公式サイトより

 1月28日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)にV6の岡田准一が出演し、幼少期の仰天エピソードを披露し、視聴者から反響が集まっている。

 この日、岡田は女優の木村文乃とともに出演。岡田たっての希望で未経験のサバゲーに挑戦するため、冒頭ではレギュラー出演者のお笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一とともに軍用車でサバゲースポットへと向かっていた。

 そんなドライブの最中、小杉が「ドライブとか行ったりします?」と投げかけると、岡田は「僕、キャンプとかも好きなんで」とよく車で出かけることを告白。キャンプについて、「車で移動して、1人でテント張って寝たりとかしてましたけどね」とソロキャンプを好んでいたことを明かした。

 これに小杉は「スゴい」と驚き、木村も「本気!」と感心。その岡田のドライブ好きは幼少期の頃からだったといい、「僕、2歳で車のおもちゃで2駅隣の友だちの家まで勝手に行ってました」と衝撃的な行動力を暴露。「向こうの親から『岡田くんうちの前にいるけど……これはどうなってるんだ?』って母親に(電話が来た)」と話し、小杉は「衝撃映像やな! ガラガラ(車)で隣町の子どもがおったら!」と大ウケだった。

 この岡田の発言に視聴者からは、「2歳でおもちゃの車で2駅先の隣町の友達の家まで行く脚力も道を覚えてる知力もヤバい」「本当に行きそうだから面白すぎる」「さすが岡田くんとしか思えない…!」という声が集まっていた。

「岡田といえば、19年6月10日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)で3歳まで一言も喋らなかったことを告白。岡田いわく『目で訴えていた』そうで、心配した親が病院に連れて行ったところ、『個性だ』と言われたそう。そんな岡田がはじめて喋った言葉は『それは違うと思うな』だったといい、大反響を集めていました。そんな驚異的なエピソードを持っている岡田だからこそ、『2駅離れた友人の家におもちゃの車で行った』という話も多くの視聴者に受け入れられたようです」(芸能ライター)

 本当か嘘か疑われてもおかしくないエピソードでも、岡田だからこそ信憑性が生まれたようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/01/29 10:00

V6・岡田准一、『モニタリング』で披露したトンデモエピソードに「さすが」の声が出たワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

北条家の残忍さが発揮される比企能員の乱

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真