日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 芸人アカデミー賞せいやに失笑

『金スマ』芸人アカデミー賞ノミネートの霜降り明星・せいやに視聴者が失笑

『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』TBS公式サイトより

 3月19日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で、共演者とスタッフが推薦する「芸人アカデミー賞」が行われた。

 今や多くのドラマ、映画に出演するようになった芸人たちだが、この日は裏で『第44回日本アカデミー賞授賞式』(日本テレビ系)が放送されていたこともあり、『金スマ』ではTBSドラマに出演経験のある芸人たちの中から「芸人アカデミー賞」を決めることに。そんな中、「役作りが上手 部門で」ノミネートされたのが、お笑いコンビ・霜降り明星のせいやだった。

「俳優顔負けの巧みな役作りを見せた」として紹介されたせいやだが、2020年1月期放送の日曜劇場『テセウスの船』(TBS系)に出演。俳優の竹内涼真主演のミステリードラマだが、せいやは序盤から村人のひとりとして出演しながら、実は事件の真犯人という難しい役どころを演じきり、見事ノミネートされた。

 せいやを推薦したのは、『テセウスの船』を手掛けた石井康晴監督。その理由について、「すごく真面目」と言い、「役に真摯に向き合う」と大絶賛。当のせいやはドラマ撮影中、自身以外のキャストはほぼせいやが真犯人であることを知らないという状態で、かなりのプレッシャーがかかっていたことを明かしていた。

 しかし、このせいやのノミネートに視聴者からは、「いやいや、全然役作りできてなかったわ」「せいやのせいでこのドラマが台無しになったのまだ忘れられない」「せいやのせいでぶち壊しだったよ」という指摘が集まっているという。

「『テセウスの船』は20年1月期もっとも話題になったドラマのひとつでしたが、それまで謎解きを楽しんでいたドラマファンは、原作と全く異なる、せいやが真犯人という展開にがっかり。実力派キャストが揃っている中で芸人が重要人物を任されたことと、肝心のせいやの演技が拙いことがその理由でした。実はせいや、ドラマ出演は『テセウス』が初めて。もちろん真犯人役になったのはせいやのせいではないものの、真剣な表情を浮かべても『変顔してる』と言われ、セリフも『棒読み』と批判されてしまう始末。ドラマファンの間ではいまだに語り継がれる“悪夢”となっているため、『巧みな役作り』に疑問を感じた視聴者も少なくなかったようです」(芸能ライター)

『テセウス』以降ドラマ出演のないせいや。果たして今後もドラマ出演することはあるのだろうか。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2021/03/23 10:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真