日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 霜降り『ANN』1部昇格でバナナと激突

霜降り明星が『オールナイトニッポン』1部に昇格! 裏番組の横綱・バナナマンに真っ向勝負

文=日刊サイゾー

霜降り明星が『オールナイトニッポン』1部に昇格! 裏番組の横綱・バナナマンに真っ向勝負の画像1
ニッポン放送『三四郎のオールナイトニッポン』公式サイトより

 毎週金曜の深夜1時から放送されているニッポン放送のラジオ番組『三四郎のオールナイトニッポン』と同じく金曜深夜3時放送の『霜降り明星のオールナイトニッポン0』の放送時間が入れ替わることが発表された。

「三四郎は15年から19年まで『2部』と呼ばれる深夜3時のパーソナリティを務め、19年に1時の『1部』に昇格となりました。三四郎・小宮浩信は『あぶねー! 耐えた』と、降板を逃れたことに安堵していましたが、同じ曜日で入れ替わるのは異例で、実質的に後輩の霜降りより格下扱いとなってしまった」(芸能記者)

 2月26日の放送では霜降り・粗品が「金曜の部に昇格となります」と報告。せいやも「これはめでたい。みなさんのおかげですよ」と喜んでいたが、芸能ライターはこう懸念する。

「1部は裏でTBSラジオ『バナナマンのバナナムーンGOLD』が放送されています。同番組は、17年には『オールナイトニッポン』でナンバーワンのオードリーの聴取率0.7%を上回る0.9%を記録。それが三四郎になってからは両者ともに0.6%で拮抗するようになりました。お笑い『第7世代』の筆頭と言われる霜降りですが、テレビ界では三四郎もいる『第6.5世代』のほうがネタやトークなど実力で評価が高まってきている。また、霜降りは秋元康氏がプロデュースするアイドルグループ『ラストアイドル』の番組MCを務めていますが、バナナマンは乃木坂46の『公式お兄ちゃん』として認知されており、アイドルファンからの支持は歴然です」(同)

 2020年は“お笑い第7世代”の名のもとに大躍進を果たした霜降り明星たち。だが、今年に入って風向きも変わってきている。

「新型コロナ禍で制作費が削られる中で、怒涛の勢いがあるものの、ギャラはそこまで高くない“第7世代”が積極的に起用されましたが、彼らもまだまだ若手。現在のお笑いブームを作ったことは間違いないですが、一方で急に酷使されて実力を発揮できないケースもあった。そこで “6.5世代”と言われる芸人たちが実力に見合った仕事で評価を受け、今年に入ってから評価の逆転現象が起きてしまっていますよね。こうした雰囲気の中で聴取率で裏番組に完敗するようであれば、霜降りには酷なだと思いますけどね」(バラエティ制作会社スタッフ)

 “第7世代”でも実力はずば抜けていると言われる霜降り明星。圧倒的な支持があるバナナマンのラジオが相手とあれば、相当気合を入れなければならない。三四郎同様渡り合ってジャイアントキリングとなるだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/03/02 12:00

霜降り明星が『オールナイトニッポン』1部に昇格! 裏番組の横綱・バナナマンに真っ向勝負のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

有吉『紅白』終了後に驚きの行動に出ていた

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真