日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > AKB・坂道系  > 乃木坂46新センター山下美月

乃木坂46新センター山下美月、バナナマンも舌を巻いた“あざとすぎる”バラエティ対応能力

バラエティで嫌われるアイドルの行動パターン

「グループ内でいくら人気があっても、“内弁慶”で、ピンになると話せないタイプの子はいます。乃木坂で言うと、西野七瀬はそんなタイプでしたね。欅坂(現・櫻坂)もそういう子が多い印象です。

 また、番組アンケートを書かなかったり、“ただ埋めただけ”の子は多い。トークバラエティは、事前に配られたアンケート用紙を土台に進んでいくので、これをマジメに書かない子は話がふられないし、スタッフの印象も悪いので“また呼ぼう”とはなりません。それでも、疲れているのか、やる気がないのか、教育が行き届いていないのか、アンケートをほとんど書かない子もいます。人気メンバーなのにバラエティに呼ばれない子は、まずこのパターンでしょう」(バラエティ番組制作関係者)

 いくら可愛くても番組に非協力的な子がダメというのは、ある意味で当たり前。ただ、人気もあってバラエティスキルも高い山下が頑張ってしまったら、他のメンバーの出番がなくなってしまうかも?

木村之男(芸能記者、TVウォッチャー)

1972年生まれ、東京都出身。大学時代にライターとして活動し始め、出版社~編集プロダクションを経てフリーに。芸能・カルチャー・テレビ・広告業界などに精通する。趣味はテレビに映った場所を探し出して、そこに行くこと。

きむら

最終更新:2021/03/26 14:00
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed