日刊サイゾー トップ > 芸能  > 解放された水原希子のヌード写真展で魅力が大爆発

解放された水原希子のヌード写真展で魅力が大爆発 “オープン”な彼女が伝えるメッセージ

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

解放された水原希子のヌード写真展で魅力が大爆発 オープンな彼女が伝えるメッセージの画像1 モデルの水原希子と写真家・茂木モニカによる写真展「夢の続き DREAM BLUE」が渋谷PARCOで3月20日~4月4日に開催されている。

 さっそく同施設4階にあるPARCO MUSEUM TOKYOへ足を運び、チケットを購入すると、「ヌードを含む表現がございます」そうスタッフから一言添えられた。

解放された水原希子のヌード写真展で魅力が大爆発 オープンな彼女が伝えるメッセージの画像2 まず通された小部屋で、顔面ドアップの水原の写真とポエムのようなものが迎えてくれる。そこを抜けると、赤面する暇もないほど、30枚以上にも及ぶ水原自身のヌード写真が展示されている。

 荒野で走っていたり、雪山でポージングしたり、飾られたネガフィルムからは満面の笑みで旅を楽しむ様子も伝わってくる。

「撮影した茂木さんはエッジの効いたファッション誌でも活躍されていて、強い女性や自然風景の写真を得意とされています。希子ちゃんとは公私ともに仲がいいそうで、これも4年前に女性3人でロードトリップをした際の写真。希子ちゃんと茂木さんルーツであるアメリカという大地と、心と身体をオープンにできる間柄だからこそ、成せた展示ですね」(ファッション誌ライター)

 水原はこの写真展について、自身のインスタグラムのストーリー機能でこんな言葉を残している。

《ヌードになる事は、女が体を張って覚悟を決めた時にやるもの。みたいな。“ヌード”という言葉をタブーな物、どこかネガティブに捉えられてしまう雰囲気があるなぁと感じています。裸体は私達のありのままの姿であって、もっとポジティブに多様な捉え方があってもいいなと思うのです》

 身体が“武器”であるモデルであり、女優として大胆な演技にも定評のある水原だが、#MeToo運動が表面化してきた18年には、自身の葛藤を口にしたこともあった。

「彼女がまだ若いころ、ある企業の広告撮影時に、裸を強要され、現場にいる沢山の男性関係者に見られる環境を拒んだのに、仕事だからと強行されてしまったんです。緊張で固まってしまったそうで、当時のことを『モデルは物じゃない。女性は性の道具ではない。心を交わし合う事を忘れてはいけない』とSNSで声を上げていました。

 最近もLGBTQを支援する運動や、4年前に設立した自身のブランドでサスティナブルな衣服やアクセサリーの販売など、社会問題にも積極的に取り組んでいます」(既出・ライター)

解放された水原希子のヌード写真展で魅力が大爆発 オープンな彼女が伝えるメッセージの画像3 写真展に話を戻すと、平日の昼間にも関わらず、男女共に多くの人が足を運んでいた。

 ファンであろう女性が多いものの、洋服を買いがてらついでに寄ったような感度高めのファッションを身に纏う人も少なくなかった。

 コロナで自由が奪われた我々や、マイノリティへの風当たりが強まっている昨今に、大自然のなかをありのまま無邪気に写真に納まる水原の姿は、エロさを超えた魅力があった。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2021/03/26 12:00

解放された水原希子のヌード写真展で魅力が大爆発 “オープン”な彼女が伝えるメッセージのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

印米中、常識破りのジャンクかた焼きそば

 シュプリームのコレクションに楽曲を提供し、...…
写真
インタビュー

『バブリーダンス』創出した高校生の新価値観

 2017年に世間を賑わせた大阪府立登美丘高校の「バブリーダンス」や夏の甲子園大会の...
写真