日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 水原希子でOrigami破綻

スマホ決済のOrigamiが経営破綻! 好感度低い水原希子のCMキャラクター起用も遠因に!?

文=田中七男

水原希子

 スマホ決済の老舗であるOrigamiが事実上の経営破綻に追い込まれ、フリマアプリ大手メルカリのスマホ決済子会社であるメルペイに会社を売却することが明らかになり、消費者にも衝撃を与えた。

 Origamiでは、2016年5月にスマホ決済の先駆けとして、「Origami Pay」の名称でサービスを開始したが、後発の「PayPay」(ソフトバンクグループ傘下)や、「LINE Pay」などに押され経営を圧迫されたものと思われる。

 1月時点で、Origamiには、185人の社員がいるが、約9割がリストラ対象になるというから、解雇される社員にとっては悲惨な話だ。

 同社では、Origami PayのPRのため、18年10月からテレビCMを開始。キャラクターに起用されたのは水原希子で、彼女の顔面がドアップで映し出されるCMのインパクトは絶大で、記憶に残っている視聴者も多いことだろう。

12

スマホ決済のOrigamiが経営破綻! 好感度低い水原希子のCMキャラクター起用も遠因に!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

日本社会を縛る“世間様”の圧力

 ふとしたときに「世間様っていうのはおっかね...…
写真
インタビュー

金属バット、注目度UPもどこ吹く風

『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)敗者復活戦。「よいしょ、うぃー」で...
写真