日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『とくダネ』が22年の歴史に幕…

『とくダネ』が22年の歴史に幕… 最終回で小倉さんのぶっちゃけ話に驚きも

文=和田靜香(わだ・しずか)

『とくダネ』が22年の歴史に幕… 最終回で小倉さんのぶっちゃけ話に驚きもの画像1
フジテレビ「とくダネ」公式サイトより

 26日で終了する「とくダネ」(フジテレビ)の最終回を見た。同時に「グッとラック!」(TBS)最終回も見た。「グッとラック!」は1年半、「とくダネ」は22年での終了となる。

「とくダネ」は1999年に始まり、当時はMCの小倉智昭さんも若く、言葉も力強く、なめらかだ。番宣用に撮ったという小倉さんの超早口の告知が紹介されたが、神業的にすごい。ああ、この人はすごいしゃべり手だったんだと、いまさら再認識した。今では言葉につかえることも多く、ゆっくりしゃべるのとは大違い。最終回の番組は、過去の豊富な映像で、番組史を振り返った。

 途中、大きな事件、災害、イベントも多々あり、小倉さん自身が海外へも足を伸ばして取材していた。まだまだ贅沢に番組が作れる時代で、スタジオにも大勢ゲストがいたり、遠来からも一般の人が訪れたり、楽し気だ。そうした映像は何やら華やかな平成史のようにも見える。

 実はスポーツ報道をワイドショーに持ち込んだのも小倉さんだということで、オリンピック取材をする姿も多々出て来た。でも、スポーツ報道の小倉さんの伝え方は、オレが見る○○色がいささか強すぎた印象。アスリート側がへりくだっていたように思えた。

 一方で「とくダネ」の果たしたことは、ワイドショーが政治を語るということかもしれない。それまでのワイドショーは芸能ネタがほとんど。そこに政治や、さらに経済を大きくもちこんで、ワイドショー政治という報道を確立した。それがいいのか悪いのか?

 今では疑問の方が大きいときが多いが、政治や経済を身近にした役割を果たした。「モーニングショー」だって、「とくダネ」がなければ、あり得なかったかもしれない。そうそう、医療問題も長く扱っていて、そのシリーズも良かった。これだけをこなせたのは、小倉さんという人あってのことだったろう。

12

『とくダネ』が22年の歴史に幕… 最終回で小倉さんのぶっちゃけ話に驚きものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

菅総理、二階の「五輪やめる」発言に怒り心頭も…

今週の注目記事・第1位「小室圭さんのウソ証拠...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真