日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > キンプリ・岩橋脱退「また戻りたい」

キンプリ・岩橋脱退「また戻りたい」なら、ジャニーズ受け入れる?

キンプリ・岩橋脱退「また戻りたい」なら受け入れるのがジャニーズ流!の画像1
岩橋玄樹 インスタグラムより

 King & Princeの岩橋玄樹さんが、3月31日を持ってグループを脱退し、ジャニーズ事務所を退所しました。岩橋さんは2010年に入所し、ジャニーズJr.時代には「Mr.Prince」というユニットで活躍。2018年5月にKing & PrinceとしてCDデビューを果たしました。

 ところが、同年11月からパニック障害のため活動休止。2019年2月には一時的に活動再開を発表しましたが、同月、活動再開は見送ることになり、休養期間に入ってすでに2年以上が経過していました。今回、事務所を通じて発表されたコメントには「現在も僕の病気は完全には治っていません」「はっきりとした報告もできないまま、この先もこれ以上待たせてしまう事が、本当につらく感じてしまいました」と綴られていました。

 岩橋さんは人一倍ファンを大切にし、イベントなどでは一生懸命声をかけていました。King & Princeのファンのことを「ティアラ」と命名したのも彼ですし、衣装のデザインをするなど努力家としても知られています。その一方で繊細な面もあり、いろいろな面に気遣いができるがゆえに気を遣いすぎるところもあったようです。

 そうでなくても、アリーナツアーで2万人近いファンを前にするプレッシャーは計り知れません。それだけのファンを集めなければならないというプレッシャーもあります。パニック障害はひどくなると飛行機などでも発作が起きて移動にも支障が出てしまうそうです。全国各地を飛び回るアイドルの仕事はかなりつらい。岩橋さんは小さいころから患っていたと明かしていますから、治療に専念してもいつ発作が起きるかわからないとなれば、本人も不安でしょう。

 ジャニーズ事務所は本人が辞めたいのであれば、無理に引き止めることはしません。

 もちろん、King & Princeがグループごと独立したいと言えば「ちょっと待て」という話になると思いますが、岩橋さんの件は体のことですから仕方がない。無理に続けて病状がもっと悪化しては困りますし、何より彼が自分で考えて脱退を決意したのですからそれを尊重するしかない。

 完治して「また戻りたい」となったら相談に乗ることもあるでしょうし、ひとりでマイペースに芸能活動を続けていきたいというならそれを邪魔する気はありません。King & Princeはあらゆる方面で一番売っているときなので、5人になっても人気は盤石。このまま活動を続けられます。

 Sexy Zoneもマリウス葉さんが休養中です。早く元気な姿を見せてほしいですね。

城下尊之(芸能リポーター)

立教大学在学時から、サンケイ新聞でアルバイトを行っていた経緯から、卒業後、サンケイスポーツへ入社。スポーツ紙文化部記者となった初日で見習い経験もないうちに、他に大きな事件があったため、「(故)林家三平さん、大病から復帰!」という大事な現場を任された。退社後は、TBS『奥様8時半です』のデスク担当として勤務し、その後、芸能リポーターに転身し、現在に至る。独自に身につけてきた取材能力、ブレーンの作り方等から、芸能界の裏話を交えた、楽しい味付けで話す。

【プロフィールページ】

しろしたたかゆき

最終更新:2021/04/03 16:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed