日刊サイゾー トップ > 芸能  > 長澤まさみを奪われて映画関係者が意気消沈

長澤まさみの太ももが見たかった⁉『ドラゴン桜』に奪われて…意気消沈の映画関係者

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

長澤まさみの太ももが見たかった⁉『ドラゴン桜』に奪われて…意気消沈の映画関係者の画像1
長澤まさみ

 4月にスタートする日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)に、女優の長澤まさみが出演する。

2005年放送の前作では生徒役を務めた長澤だが、続編となる今作では弁護士資格を取得。主演の阿部寛が演じる弁護士と共に、生徒を東大合格に導く側になるという。テレビ誌ライターが言う。

「長澤にとっては『青春が詰まった作品』とあって、撮影を楽しみにしていたようです。とはいえ、ここ数年、彼女にはドラマのヒット作がないのも事実。映画ではヒットとなった3年前の主演ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)も、平均視聴率はシングル止まり。このままでは低視聴率女優のレッテルを貼られてしまうだけに、楽しんでばかりはいられないでしょう」

 一方、映画に目を向ければ大活躍の長澤。昨年の日本アカデミー賞では『MOTHER マザー』で最優秀主演女優賞に輝いている。

 そんな彼女に期待が寄せられていたのは、19年に日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞に輝いた映画『キングダム』の続編だ。

「前作は中国でロケが行われましたが、コロナ禍のため、現在国内で撮影が進められています。長澤が演じたのは謎に秘められている美しき山界の王・楊端和(ようたんわ)。劇中では露出の多い鎧に身を包み、ワイルドな役柄を熱演。視聴者は彼女の妖艶なボディにクギ付けとなりました。共演者やスタッフは長澤・楊端和に会えるのを心待ちにしていたようですが、『ドラゴン桜』に持って行かれてしまったことで、意気消沈しているようです」(映画ライター)

『ドラゴン桜』での長澤は肌見せの少ないスーツ姿。彼女の生きる道はそっちじゃない?

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/04/07 16:00

長澤まさみの太ももが見たかった⁉『ドラゴン桜』に奪われて…意気消沈の映画関係者のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

徳川家茂の激動人生、恋人を殺害?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

押井守“原案”の映画『ビューティフルドリーマー』 公開!

 押井守監督らが参加する映画実験レーベル「Cinema Lab(シネマラボ)」の第1...
写真